アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

2018年11月10日
ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」
 「『夫とふたりきり』になったらしたいこと」の第1位は、「海外旅行」。「世界一周クルーズ旅」を含めると、寄せられた回答の8割が「海外への旅」だった。

「夫は、豪華客船で地球一周したい! と言っているが、私はそれよりも飛行機のファーストクラスであちこち行けたらなあ」(KY・53歳)
「夢は、毎年海外へ。現実的には、3年に一度のペースで行けたら、と夫と話している」(NR・44歳)
「ハワイに別荘を持ち、日本と行き来したい。夢ですが……」(AS・49歳)。なかには「海外に住みたい」(YK・45歳)という人も。

2位以下は「ふたりで、キャンピングカーで行きたいところをいろいろ周りたい」(KS・53歳)
「国内を、ゆったり気ままな自由旅」(NM・52歳)などなど。
チームJマダムのみなさんは、毎日、忙しく過ごされているのだなあと、あらためて実感。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

  • アラフィー女性のホンネ:やってみたら、意外と簡単だったこと①

    「無理」、「できるわけない」、「恥ずかしい」とあきらめていたことに思い切って挑戦してみたら意外と簡単で、気持ちまで前向きに……そんなチームJマダムたちの”プチトライ”を公開! マンネリ気味な日常から抜け出すヒントがもらえそうだ。

    Jマダム通信

    2018年8月11日

FEATURE
ランキング