大人のためのソウル旅⑧富岡佳子が旅する、器と暮らしのお店 五選

2018年10月30日
エクラ世代でソウルを旅する大きな目的のひとつは、器探し。まず探したい白磁も、青みがかった白、温かな白、雪のような白と表情はさまざま。現地でも人気の高いとっておきのお店で、心に響く一品を見つけて。また、ソウルは撮影で訪ねて以来、10年ぶりという富岡さんが、伝統文化を感じるお店にも訪れました。

1.著名な膳作家の工房にあるセンスのいいギャラリーを訪ねて『バンギムクラフト』

富岡さんが金浦空港から直行したのは、お目当てのひとつ『バンギムクラフト』。モダンな空間でも使いやすい、シンプルで美しい韓国の伝統工芸品に囲まれ、すっかりテンションが上がる。
「和菓子をお出しするのにもいいし、花器を置いてもいい」と、漆のトレイにひと目惚れ。白磁も室内の光と自然光では白の見え方が違うところが好きだという。
「子供も大きくなって、繊細な器を日常使いできるようになったからか、器探しが楽しい。今回の旅で見つけたものは、手持ちの土ものの器との相性もいいと思います」

1/4

2/4

3/4

4/4

「器使いのヒントがいっぱい。漆のトレイにはひと目惚れしました」
下段の膳トレイはW250,000~
シルバーのスジョ(スプーンと箸)W300,000。白磁は日本でも人気のイ・ギジョさんの弟子、キム・サンインさんの作品を多く扱う
ディスプレイも美しい
膳作家のヤン・ビョンヨンさんの作品と、奥さまのパク・ジェヒさんセレクトの白磁や銀のカトラリーなどがそろうギャラリー。ヤンさんのお膳は、ルイ・ヴィトンとのコラボレーションにも用いられるなど、そのたたずまいは世界も認める美しさ。モダンな空間にもよく調和し使い勝手のいい膳トレイが人気だ。
京畿道坡州市トルゴジキル74-29(경기도 파주시 돌곶이길 74-29) 
☎010・9688・1772 予約制
※ホテルから予約してもらい、タクシーを手配して。タクシーでソウル市内から約1時間、料金はW40,000ほど。または地下鉄3号線大化駅よりタクシーで15分ほど。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング