ベースメイクで誰でも「幸せ顔」方程式 五選

2018年11月26日
エクラ世代にとって肌の印象は重要だ。ここをどうつくるかで"華"が決まるといっても過言ではないほど。そこで、幸せ肌づくりの名手・ヘア&メイクアップアーティストの広瀬あつこさんが伝授。秘訣は血色仕込みとツヤ増しにあった!
広瀬あつこさん
ヘア&メイクアップアーティスト。その人の最大のきれいを引き出す達人。肌づくりの名手としても評判。著書『スマイルメイク』(世界文化社)も好評。

1. 血色仕込みとツヤ増しが、アラフィーの華ポイント!

1/2

2/2

 肌は顔の中で一番面積が広いパーツ。「だから、人目につきやすいですし、その人の印象を決める大切な部分でもありますね」と広瀬さん。エクラ世代の上品な“華”の印象は、肌が負うところが大きいし、だからこそ、ベースメイクでつくり出すことが可能といえる。そのポイントとなるのが、血色感とツヤ。
「肌がいきいきと見えるかどうかが、華のある印象の決め手だと思います。それには、血色感とツヤが不可欠ですね。奥からふわっとにじみ出るような自然な血色と、みずみずしいツヤがあれば、肌にメリハリが生まれて、いきいきと幸せな印象に見えるんです」
 その肌をつくるのが以下の4アイテムを重ねる血色仕込み&ツヤ増し方程式。
「それぞれ仕込む場所や塗る量など、ポイントを押さえて重ねていけば、もともとの肌がきれいだったかのように厚塗り感なく、誰でも簡単に幸せ顔の印象に仕上げることができます。しかも、この方法なら、くすみやくま、たるみなどの肌悩みも自然にカバーできます」
❶「パールピンク下地」
くすみを消しつつ、内側からの自然な顔色とツヤ感を仕込む。ほんのりピンクのパール入りがベスト。ダブル ウェア フローレス ハイドレーティング プライマー SPF45・PA++++ 30㎖ ¥5,200/エスティ ローダー
❷「ツヤファンデーション」
ファンデーションは、ツヤのある質感がマスト。クッションやエマルジョンなどのパクトタイプが簡単。クレ・ド・ポー ボーテ タンクッションエクラ SPF25・PA+++ 全6色 各¥9,000/クレ・ド・ポー ボーテ
❸「練りチーク」
内なる血色感は練りチークで仕込む。練りチーク×ファンデーションのMIXテクを使えばシミもくまもカバー。レ ベージュ スティック ベル ミン25¥5,500/シャネル
❹「シャンパンハイライト」
最後にシャンパン色のハイライターで、ツヤや立体感を出したい部分にだけ極軽にオン。ハリも復活! rms beauty シャンパンローズルミナイザー¥4,900/コスメキッチン
ニット¥32,000/カイタックインターナショナル(イリアンローヴ) ピアス¥33,000/ヴァンドーム青山本店(ヴァンドーム青山)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング