炭の直火で炙(あぶ)る神戸牛。 創業以来の味を堪能 レストラン みやす

2016年11月29日
良いものの価値を知るエクラ世代にこそ訪れて欲しい、至極の肉料理が味わえる神戸の名店をご紹介。
スタンダードコースから。ステーキにはスジ肉や野菜を2~3週間炊いて仕上げたデミグラスソースが添えられる。にんにく醤油やからしでいただくのも美味

神戸一の"クラシカルステーキ"

「一度は食べてみたい」と誰もが憧れる神戸ビーフ。老舗、専門店が集まる神戸にあって、唯一無二のステーキを供する名店を訪ねた。
戦後、進駐軍でコックをしていた初代が洋食グリルを始め、神戸ビーフステーキが人気を呼び、専門店となった『みやす』。2代、3代で通う常連客が多く、レトロな空間の中、究極のステーキが楽しめる。肉は三田の清冽な水を飲み、米や麦を主な飼料に育った3歳の雌牛に限り、店で食べごろまで熟成させ、それを分厚く切って塊肉のまま備長炭で焼き上げている。「うちのステーキは肉と炭火、それに塩とこしょうの味つけだけ。ごまかしがきかないので、牛の肩書きに頼らず、必ず味見をし、常連さんの場合はピンポイントのお好みの肉を提供しています」と話す2代目の美安一穂さん。火が上に立ち上る備長炭の丸細を使い、強火で余分な脂を落とし、煙をまとわせながら香ばしく焼き上げている。五十余年たった今もすべてが贅沢。古きよき神戸の雰囲気とステーキの真味が堪能できる。
  • デザートは数種類から選べ、一番人気はブランデー入りの大人のプリン 
  • 季節の野菜を使ったスープ 
  • 生きたエビをボイルした、前菜のエビのカクテル・チリソース
  • 四十余年使っている煉瓦窯で極上神戸牛を炙り焼きにする2代目の美安さん。炙りながら煙をまとわせ、香りとともに表面を焼き上げていく究極のステーキ
  • 派手な看板はなく、店内も木を基調にした落ち着いた雰囲気。オープンキッチンのカウンターとテーブル、奥には個室もあり、隠れ家のような造り
兵庫県神戸市中央区下山手通3の2の19淡路交通ビル2F
☎078・391・3088
17:00~20:30(LO)
㊡日曜(月曜が祝日の場合、日曜営業、月曜休)
コースはヘレステーキの場合200g ¥12,000~、
ロースステーキの場合200g¥13,000~ ホール25席、
個室8~12席 
予約がベター

What's New新着記事

FEATURE
ランキング