2日目に味わう山の上の海のごちそう ひょうたろう

2016年12月5日
錦織りなす紅葉に染まり、魅力を深める吉野。秋の吉野ならではの美味に出会える名店をご紹介。
海のない吉野に運ぶために鯖を塩漬けにし、ごはんと合わせ、防腐効果のある柿の葉で包んだ伝統食の柿の葉寿司。金峯山寺へと続く参道沿いに看板を掲げるこちらは、創業して44年。吉野杉箱に入れて重石をすることで鯖とごはんが一体となり、ご主人の水本和幸さんはまろやかになる2日目が食べごろという。元祖は家庭料理でおふくろの味ともいいきる知恵と心がつまった山のごちそうだ。
奈良県吉野郡吉野町吉野山429
☎0746・32・3070 
9:00~16:00
㊡月曜(祝日の場合は翌休)4月は無休
柿の葉寿司8個入り¥1,050~(税込) 
持ち帰りのみ

What's New新着記事

FEATURE
ランキング