アラフィー女性のホンネ:アラフォーから始めて、よかったこと②

2019年2月23日
前回のボディメンテ編に続いて、今回はスキル&キャリアアップ編。あのとき始めておいてよかった、あるいは10年前だからこそ始められた勉強や習いごと、転職などなど。そんな勇気や努力が実を結び始めているJマダムの、なんと多いこと!
アラフィー女性のホンネ:アラフォーから始めて、よかったこと②_1_1
始めておいてよかったこと、で目立ったのは「英語の勉強」。「子ども達が楽しそうに英語を学んでいるのを見て、自分も週に1回レッスンを受けるように。英語の料理本を読めるようになったり、海外ドラマの字幕を見ずに意味がわかったり、進歩がわかるときは喜びを感じる。継続は力なり、を実感」(AT・45歳)。また、多言語を習得したというYKさん(43歳)は、「海外からのホームステイ受け入れ実施」がそのきっかけのようだ。SCさん(49歳)も、「ホストファミリーを始めたこと」で、「英会話を習いに通っていた時期もあったが、細かいことは気にしない”ざっくりイングリッシュ”(笑)とボディ・ランゲージでも伝わることを実感して、度胸がついた」そうだ。実は、英語の勉強については、「アラフォーで始めておけばよかったこと」としても多く挙がった。「昨年から英会話学校に行き始めたが、気力・集中力・記憶力がかなり衰えていて苦労している」(YS・54歳)。とほほ……。
アラフィー女性のホンネ:アラフォーから始めて、よかったこと②_1_2
次いで多かったのは、「社会復帰」「資格取得」という声。「社会復帰の壁はとても高く、しかも厚かった。いまの自分を考えると、社会復帰が叶ったのはアラフォーで挑戦したからこそだと思う」(KK・53歳)。「パーソナルカラー、パーソナルスタイル、カラーセラピスト、フィニッシングアドバイザーのスクールに通い資格取得をした」というAHさん(45歳)は現在、カラー&イメージコンサルタントに。「3年ほど前、リボンのレッスンを開始。その魅力に取り憑かれ、自宅サロンを法人化。代表としてリボンデザインの発展と普及に全力を注いでいる」(KH・46歳)という人も。みなさんの勇気とガッツとファイトに感服!

What's New新着記事

FEATURE
ランキング