春のワントーンコーデは"シャツ"が決め手 五選

上下の色みを合わせるだけで、おしゃれ度がぐんとアップすると大人気のワントーンコーデ。この春はトップスを進化系シャツにチェンジ! いつものワントーンより着こなしが立体的になり、レイヤードもすっきり見え。コンサバになりすぎず、抜けやこなれ感が手に入るのもシャツだからこそ。
春のワントーンコーデは"シャツ"が決め手 五選_1_1-1

1/5

春のワントーンコーデは"シャツ"が決め手 五選_1_1-2

2/5

春のワントーンコーデは"シャツ"が決め手 五選_1_1-3

3/5

春のワントーンコーデは"シャツ"が決め手 五選_1_1-4

4/5

春のワントーンコーデは"シャツ"が決め手 五選_1_1-5

5/5

1.上品な透け感があればダークカラーも重く見えない
ほんのり透ける素材で、後ろ身頃が長いフォルム。フロントのみインにしておなかまわりをカムフラージュしつつ、後ろは出してヒップをカバー。伸縮性のあるタイトスカートも進化系シャツがあれば安心。

シャツ¥34,000(リジエール)・スカート¥26,000(アパルトモン)/以上アパルトモン 青山店 イヤリング¥12,000/トゥモローランド(アレクサンドリヌ) ネックレス¥63,000/RHC ロンハーマン(ミズキ) サングラス¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バングル¥14,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(レベッカ ピント) バッグ¥39,000/ドゥロワー 青山店(ドラゴン) 靴¥59,000/プラージュ 代官山店(ネブローニ)
2.心はずむまろやかなベージュ。白をさしていっそう軽快に
少しピンクがかったベージュシャツは、顔映えがよく幸せ見えさせてくれる色。ふんわり広がる甘めのティアードスカートと合わせるとぐっと女っぽい。白ニットを腰に巻くと脚長効果も。

シャツ¥28,000/ロンハーマン(フランク&アイリーン フォー ロンハーマン) ニット¥28,000/ebure スカート¥24,000/ショールーム セッション(マリハ) サングラス¥25,000/プラージュ 代官山店(ブラン) バングル¥38,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)・靴¥59,000(ネブローニ)/以上フラッパーズ バッグ¥67,000/アパルトモン 青山店(へリュー)
3.黒がもつほどよい緊張感をフェミニンアイテムで中和
やや厚手のブラックシャツは、黒ベースのドット柄スカートを合わせてかわいげをプラス。五分袖になったカフスを折るだけで、肌がほどよく見えて軽やかに決まる。ゴージャスなパールの多連ネックレスが顔まわりの華やぎもアップしてくれる。

シャツ¥39,000/マディソンブルー スカート¥22,000/RHC ロンハーマン(RHC) ピアス¥22,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ラウラロンバルディ) ネックレス¥38,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バッグ¥49,000(カパフ)・靴¥44,000(ネブローニ)/以上マルティニーク丸ノ内
4.ニットを重ねたワントーンでシャツの新しい表情を楽しむ
シャツとパンツは同じ素材のセットアップ。さらに同系色のニットを上に重ねてすそを出せば、力が抜けた大人のきれいめワントーンが完成。シルバーのスニーカーや白いバッグが、グレーと相性抜群で全体がすっきりモダンにまとまる。

シャツ¥30,000・パンツ¥38,000/オーラリー ニット¥28,000/ebure メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ネックレス¥20,000/カオス丸の内(ワッコワッコ×カオス) バッグ¥53,000/プラージュ 代官山店(ドラゴン) 靴¥83,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
5.シャツのフォルムと仕上げのひと手間で定番コーデを更新
ボタンダウンシャツとデニムの定番コーディネートも、後ろが長い進化系シャツでこんなに新鮮に。袖は無造作にたくし上げ、フロントのみパンツインに。そのラフなひと手間が今どき感をさらにアップしてくれる。

シャツ¥25,000/アパルトモン 青山店(アメリカーナ) デニムパンツ¥46,000/エーピー ストゥディオニュウマン シンジュク(R13) イヤリング¥11,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) バッグ¥47,000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) 靴¥26,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ファビオ ルスコーニ)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング