美容のやる気が出ないときはこの人に学べ! 安倍佐和子の"前向き美容"の秘訣 五選

お手入れしても効果が感じられず、美容のやる気が出ないときは誰にでもあるもの。でもあきらめないで! 経験と知恵を糧に、より輝きを増し続ける安倍佐和子さんが、いきいきと健やかに、そして自分らしく楽しく磨き上げてきた美の秘密とは? ハッピーかつポジティブに生きるためには、コツがいる。感度の高いアンテナを張りめぐらし、いいと思ったら即トライ。多くの美容法の中から、きれいを磨く意識もスキルも高まる5つを厳選。
美容ジャーナリスト 安倍佐和子さん
出版社で美容誌の編集者を長年経験。現在は、フリーランスとして、雑誌や広告ほか、Instagramでも人気を博し、高い発信力をもつ。メイクからスキンケア、医療美容、ホリスティック系まで、幅広い美容分野に精通。
美容のやる気が出ないときはこの人に学べ! 安倍佐和子の"前向き美容"の秘訣 五選_1_1-1

1/5

美容のやる気が出ないときはこの人に学べ! 安倍佐和子の"前向き美容"の秘訣 五選_1_1-2

2/5

美容のやる気が出ないときはこの人に学べ! 安倍佐和子の"前向き美容"の秘訣 五選_1_1-3

3/5

美容のやる気が出ないときはこの人に学べ! 安倍佐和子の"前向き美容"の秘訣 五選_1_1-4

4/5

美容のやる気が出ないときはこの人に学べ! 安倍佐和子の"前向き美容"の秘訣 五選_1_1-5

5/5

1.40代から朝型美容へシフト。一日中いい状態を
キープできて、夜のお手入れもラクになる
「40代初めに寝不足が続いて不調になったのを期に、お手入れも仕事も生活のリズムを朝型へ。マスクやマッサージなどのスペシャルケアもすべて朝。夜以上に時間と手間をかけて先回り的にフルコースでケアしておけば、日中に受ける外的刺激が少なくなるため、一日中心地よく過ごせ、夜のケアもぐっとラク。一日の生活リズムが整ったこともあり、肌荒れすることも乾きを感じることもなくなり、実年齢より若く見られるようになりました。また、朝に余裕をもってゆったり過ごすことで、一日の心のあり方も変わってきます」

「肌コンディションを一気に引き上げる、お気に入りシートマスク」。(右)肌に貯水力がつく、化粧水マスク。エスト ザ ローション マスク 1セット入り¥1,500/エスト(花王) (左)もっちり乳液マスク。プリム ラテマスク 1枚入り¥450/コスメデコルテ
2.自分を俯瞰で見て、いる・いらないを常に更新。
それこそ、美容が行きづまらない上手な付き合い方
「今のお手入れが合っているか、ウイークポイントはどこかを知るためにも、自分を俯瞰で見ること。人間ドックのようなものだと思い、一年に1回は化粧品カウンターでのカウンセリングや肌診断などをプロの目線で見てもらい、成績表のように確認しています。その結果から、今必要なものと不要なものを整理整頓し、気持ちにもお手入れにも余白をつくるように。振り回されず、美を磨き続ける秘訣」

「右から3つは、水分を与えても与えても逃げてしまう、私の肌への必需品。左2つは悩み多き肌を多角的に底上げする、頼もしい存在」。(右から)エクラフチュール d 40㎖ ¥10,000/アルビオン ジェニフィック アドバンスト 30㎖ ¥10,000/ランコム Red B.A ボリュームモイスチャーローション 120㎖ ¥9,000/ポーラ パーフェクショニスト プロ F+L セラム 50㎖ ¥15,500/エスティ ローダー プロディジー CELグロウ エッセンス エマルジョン 100㎖ ¥50,000/ヘレナ ルビンスタイン
3.大人になるほど軽やかさが絶対必要。
行動はひらりと、ベースメイクは薄く、薄く
「老けないためには、軽やかさ、しなやかさが大切。おっくうがらず、直感的にこれはよさそうと思ったらすぐ試し、行動し(大の旅好きでもある)、人にも積極的に会うようにしていますね。ベースメイクも一緒で、年齢とともに薄く、薄く、軽やかにしていくのが鉄則。ファンデーションの量を少なくすませたいので、血色と透明感を上げる下地はちゃんと塗り、気になる個所のみコンシーラーでカバーを。また、塗りすぎたと思ったら、スポンジで磨き、ならしてます」

「素肌そのものがきれいに見える4品。毎年飛躍的に進化を遂げているから、ファンデーションは常に更新します」。(右から)ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ SPF35・PA++ 全8色 各¥6,000/パルファン・クリスチャン・ディオール タン・クチュール・エバーウェア・ファンデーション SPF20・PA++ 全8色 各¥6,900/パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ] ル ブラン バーズ ルミエール 10 SPF40・PA+++ ¥6,000/シャネル ラディアント タッチ ハイカバー 全3色 各¥5,000/イヴ・サンローラン・ボーテ
4.肌は内臓の鏡。なかでも優先しているのは
腸内善玉菌の増殖化計画
「いろいろな取材を通して健康や美肌を保つうえで、何を食べるかが大事だと気づき、できるかぎり白い砂糖や悪い油、加工食品をとらないように心がけていますし、腸活にも励んでいます。腸内の善玉菌が増えるよう乳酸菌や食物繊維などのサプリメントにも頼りつつ、発酵食品も多くとるように。最近の流行りは、乾燥した麴"みやここうじ"。野菜を漬けたり、温泉水につけて飲んでます。お味噌も毎年手作りです」

(右)「鍋にも入れてます」。白米で造った乾燥麴で、味噌や甘酒、漬け物などにいろいろ活用可能。みやここうじ四角型 200ℊ¥350/伊勢惣 (中)「いっぱい食べたな、というときに」。食物繊維が糖質の吸収を穏やかに。the Fiber 30包入り ¥7,000/TAKAKO スタイル (左)「自分の腸内細菌に合う、乳酸菌を探し出すのが大事」。1包中にヨーグルト200ℓ分の乳酸菌がイン。プロテサンG 45包入り ¥18,000/ニチニチ製薬
5.最後はカラダ! 日常生活で
筋肉を育てることが必須
「いきいきとした若々しい印象を決定づけるのは、絶対カラダ。カラダのシルエットには、その人の生活が透けて見えると思っていますから。毎朝、猫にじ~っと見られながらラジオ体操をしていますし、なるべくエレベーターなどは使わず階段を2段飛ばし(笑)。そしてなるべく歩いて筋肉をつけるように。また、体重が1kg増えたら食事を調整するなど、日常的にできる範囲で無理なく続けています。これもまた、軽やかに生きるためのコツ」

  • 人と比べず自分らしく。松本千登世の"ミニマムリッチ美容"の秘訣  五選

    経験と知恵を糧に、より輝きを増し続ける松本千登世さんが、いきいきと健やかに、そして自分らしく楽しく磨き上げてきた美の秘密とは? あれもこれもの欲張りはやめて、今の自分に必要なものを取捨選択し、豊かに日々きれいを育むのがミニマムリッチ美容。シンプルで幸せそう、そして健やかな自分に導くための秘訣がここに。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング