“偉大なる世紀”を祝う幸福のシャンパーニュ、「ローラン・ペリエ グラン シエクル NO.24」【飲むんだったら、イケてるワイン/特別編】

それは、“アッサンブラージュ(ブレンド)の芸術品”。うれしいことがあった日、このシャンパーニュでお祝いできたら素敵!
“偉大なる世紀”を祝う幸福のシャンパーニュ、「ローラン・ペリエ グラン シエクル NO.24」【飲むんだったら、イケてるワイン/特別編】_1_1
“アッサンブラージュの芸術品”と称され、シャンパーニュ通に絶大な人気を誇る「ローラン・ペリエ グラン シエクル」。複数のヴィンテージをアッサンブラージュ(ブレンド)することにより、バランスのよさ、力強さ、エレガントさの3つの特徴が際立つ最高級キュヴェで、ローラン・ペリエ社のフラッグシップでもある。

今回、ブランド史上初めて構成番号(NO.)をネックラベルに記載、ワインのプロフェッショナルの間では「アッサンブラージュによってそれぞれのヴィンテージの魅力が生かされている」と、早くも話題になっている。7月にリリースされる「ローラン・ペリエ グラン シエクル NO.24」は2004年、2006年、2007年ヴィンテージが使われ、2004年のフレッシュネス、2006年のまろやかさ、2007年の力強さがエレガントに表現されている。たおやかさとまろやかさが感じられ、飲む人すべてを魅了する美しさが感じられる。
“偉大なる世紀”を祝う幸福のシャンパーニュ、「ローラン・ペリエ グラン シエクル NO.24」【飲むんだったら、イケてるワイン/特別編】_1_2
ローラン・ペリエ社は1812年創業、現在シャンパーニュメゾンとして第3位のシェアを誇る。シャルドネを大切にした“フレッシュ&エレガント”なスタイルで、世界中に多くのファンを持つ。
「ローラン・ペリエ グラン シエクル」は、1950年初め、「プレステージ・シャンパーニュは単一のヴィンテージであるべき」という考えが一般的だった時代、ローラン・ペリエ社の2代目当主ベルナール ドゥ ノナンクール氏が“至高のシャンパーニュ”を求めて模索し続けたもの。シャンパーニュの原点でもあるアッサンブラージュに立ち戻り、11のグラン・クリュ(特級畑)を厳選、最高級の“マルチ・ヴィンテージ”として完成させた。

実は、このネーミングにはこんな逸話がある。ベルナール ドゥ ノナンクール氏は、第二次世界大戦勃発時、ド・ゴール将軍の演説に感動、みずからレジスタンスとなってドイツ軍と戦った軍人でもあった。1945年にはヒトラーが略奪していたワインを隠していた山荘“鷹巣”に先陣を切って乗り込み、ワインを奪還した英雄としても知られる。

ドゥ ノナンクール氏とド ゴール将軍は祖国への愛と友情という強い絆で結ばれており、この新たなプレステージ・キュヴェが誕生した折には、ド ゴール将軍に手紙でネーミングの相談をしたという。するとド ゴール将軍からすぐに返信があり、そこには「もちろん、偉大なる世紀(グラン シエクル)だよ!」と書かれていたという。
“偉大なる世紀”を祝う幸福のシャンパーニュ、「ローラン・ペリエ グラン シエクル NO.24」【飲むんだったら、イケてるワイン/特別編】_1_3
当主のアレクサンドラ ペレイル ドゥ ノナンクールさん。「ローラン・ペリエ」を始めとし、傘下の「サロン」や「ドゥラモット」など、名だたるシャンパーニュメゾンを率いる。温かな人柄で、地元では多くの人々に慕われる存在。
ドゥ ノナンクール氏の長女であり、現当主のアレクサンドラ ペレイル ドゥ ノナンクールさんはこう語る。

「『グラン シエクル』は父の夢でもありました。父は常に忙しい身で、いつも世界中を飛び回っていましたが、愛に溢れた人でもあり、私たちを常に慈しんでくれました。父のシャンパーニュ造りには“大切な人と喜びを分かち合って欲しい”という願いが込められています。その思いが皆様に届けば幸せです」。

元号も新たに令和となった今年、なにかうれしいことがあった折には、大切な人々とともに「ローラン・ペリエ グラン シエクル NO.24」で“偉大なる世紀”、そして“幸福な世紀”を祝ってみたい。
“偉大なる世紀”を祝う幸福のシャンパーニュ、「ローラン・ペリエ グラン シエクル NO.24」【飲むんだったら、イケてるワイン/特別編】_1_4
シャルドネ約55%、ピノ・ノワール約45%。熟成は7~8年、マグナムボトルで約10年。白い花、ブリオッシュ、ヘーゼルナッツの香りの中にハチミツのニュアンスが溶け込んでいる。繊細でピュアな酸味とまろやかな果実味の中に力強さを感じる味わい。余韻は限りなくエレガント。「ローラン・ペリエ グラン シエクル NO.24」¥25,500(750ml/化粧箱入り)※既存品と順次切り替え予定
“偉大なる世紀”を祝う幸福のシャンパーニュ、「ローラン・ペリエ グラン シエクル NO.24」【飲むんだったら、イケてるワイン/特別編】_1_5
2015年、シャンパーニュ騎士団「シャンベラン・ドヌール(名誉侍従)」に映画監督の北野武氏が外国人で初めて叙任されたが、この時の後援が「ローラン・ペリエ」。「北野監督の知性を尊敬しています」とアレクサンドラさん。
問い合わせ/サントリーワインインターナショナル(お客様センター)☎0120・139・380

What's New新着記事

FEATURE
ランキング