センスのいい夏のお茶会を演出する「小さな花とお菓子」<夏の午後のおもてなし>

がんばらないけれど、センスのよさが際立つ“お菓子”で夏のお茶会はいかが。フードスタイリストの肱岡香子さんおすすめの「今おいしい」旬のお菓子を、お茶会に彩りを添えるお花とともにご紹介。

白い花 ×「しろたえ」レアチーズケーキ

白い花×「しろたえ」レアチーズケーキ
小ぶりで濃厚なレアチーズケーキは、老舗洋菓子店「しろたえ」の看板商品。ほどよい酸味で、夏の午後にぴったり。白いお菓子には白い花を合わせて。オルラヤを生けたアンティークの真鍮緑青の花器、ケーキを載せたクリスチャンヌ・ペロションの皿、白と青の世界で目でも涼しさを味わって。
チーズケーキ 1個¥260(税込)/しろたえ

実つきもみじ ×「紫野和久傳」笹ほたる

実つきもみじ ×「紫野和久傳」笹ほたる
テーブルの主役は、夏の宵をイメージした羊よう羹かんの中に浮かび上がる蛍。その夢幻の美しさを生かしたいから、道具は無彩色のガラスだけ。花も、竹とんぼのような実をつけたもみじを、何げなく生けるすがすがしさが似合う。キャンドルスタンドを花器に見立てて、和の世界に少しモダンを香らせて。
季節の羊羹「笹ほたる」¥2,300/紫野和久傳 丸の内店

小さなラン ×「日本橋 千疋屋総本店」フルーツジェリー

小さなラン×「日本橋 千疋屋総本店」フルーツジェリー
グレープフルーツ、オレンジ、レモンのゼリーを取り混ぜて、ガラスのトレーに盛りつけ。ランはとても持ちのいい花なので、グリーンと一緒に、ハワイのレイのイメージでお菓子を彩るのに好都合。華やぎのテーブルに歓声が上がって、「お好きなものをどうぞ」とサーブするのも楽しい。
スペシャルジェリー(オレンジ)¥600・(グレープフルーツ ホワイト)¥700・(レモン 松屋銀座店限定)¥400/日本橋 千疋屋総本店
教えてくれたのは……
フードスタイリスト 肱岡香子さん
雑誌、書籍などで活躍。お菓子好きが知れわたり、TPOに合わせたおもたせや「今一番」を人からたずねられることも多い。『東京手みやげ美人』(講談社)の著書あり。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング