甘い香りとスパイシーなニュアンス、記憶に残る個性派ワイン【飲むんだったら、イケてるワイン】

トロピカルフルーツの甘い香りとスパイシーなニュアンスで、一度飲んだら忘れられなくなる「オスラー・ヴィンヤーズ ノース・オタゴ オードリーズ ピノ・グリ2015」。あえて中華料理と合わせたくなる、優しい甘酸っぱさが特徴の“イケてるワイン”をご紹介。

おとなしいのに、優等生ともやんちゃな不良とも等しく仲よくなれちゃう“南半球の不思議ちゃん”

OSTLER VINEYARDS(ノース・オタゴ オードリーズ ピノ・グリ)

オスラー・ヴィンヤーズ ノース・オタゴ オードリーズ ピノ・グリ2015

ワイン
ピノ・グリは不思議な品種だ。ピノ・ノワールやシャルドネのような華はないのに、ナチュラルなかわいらしさでじわじわと心に入り込んでくる。もともとはピノ・ノワールの変異種で、甘口からフルーティな辛口まで、スタイルはバラエティ豊か。

「オスラー・ヴィンヤーズ ノース・オタゴ オードリーズ ピノ・グリ2015」はそんなとらえどころのないピノ・グリの中でも、一度飲んだら何げなく記憶に残る個性派だ。トロピカルフルーツの甘い香りとスパイシーなニュアンスに、いつのまにか魅了されてしまう。

生まれはニュージーランド南島のノース・オタゴ。ここは新しいワイン産地として注目される冷涼な地で、元医師のジム・ジェラム氏が醸造家で義弟のジェフ・シノット氏とタッグを組み、エレガントなワインを誕生させている。特にヨーロッパの美食シーンで評価が高い造り手だ。

料理を合わせるなら、あえて中華と。優しい甘酸っぱさが甘酢や豆板醤などにピタッとはまり、特に酢豚との相性は抜群! 個性的な味同士をテーブルで美しくまとめてくれるのだ。たとえるなら、目立つタイプではないのに、生徒会長とも不良少年とも自然体で仲よくできる“ほんわか女子”のよう。ぼわっと見えても実は奥が深い。“不思議ちゃん”はひと口ごとに魅力を増してくる。
オスラー・ヴィンヤーズ ノース・オタゴ オードリーズ ピノ・グリ2015
ピノ・グリ100%。黄桃やアプリコット、こしょうの香り。ワイタキ・ヴァレーのアンモナイトが出土する石灰質土壌で育つブドウは、酸も豊かでミネラリー。和食にも合う。「オードリー」(畑の名)はジェラム氏の母の名前。750㎖ ¥4,300/ラック・コーポレーション
教えてくれたのは……
あんざい きみこ●ライフスタイル誌やワイン専門誌で料理やワイン、旅などの記事を手がける。著書に『葡萄酒物語』(小学館)。シャンパーニュ騎士団シュヴァリエ。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング