惜しみなく現代アートを体感できる!「ノードホテル」【京都“ここが狙い目!”情報】

「どこに行っても混んでいる」という嘆きの声が聞かれる京都の“狙い目スポット”を、現地の取材スタッフがご紹介。現代アートを扱う組織が今年7月にオープンした「ノードホテル」では、惜しみなくアート作品を展示! 美術館やギャラリーのホワイトキューブで見るのとはまた違った印象でアートを楽しめます。

現代アートの総額1億円超え! パブリックスペースにも作品がいっぱいです

ライター・天野準子さん
ノードホテル
フロントをはじめ、館内はアート作品が映えるミニマムな空間に

ギャラリーよりももっと身近にアートを体感

ノードホテル

現代アートを扱う組織が今年7月にオープンしたホテル。現代アートを買っても倉庫に眠ったままにしているコレクターが多く、「もっと現代アートを見て、知ってほしい」と、こちらのホテルでは、惜しみなくアート作品を展示。パブリックスペースにも、バリー・マッギーやベルナール・フリズ、五木田智央など、世界的に評価の高いアーティスト作品が数多く展示されている。「アートコレクターの住まいをコンセプトに、現代アートが空間に溶け込むように展示されていて、美術館やギャラリーのホワイトキューブで見るのとは違った印象です」(天野)。
ノードホテル
客室の扉を開けると、大竹伸朗の作品が出迎えてくれる
ノードホテル
五木田智央の作品が飾られた「ジュニアスイート・キッチンつき」1泊1室¥50,000~(税・サ・宿泊税込)
ノードホテル
1階のパブリックスペース。バーやダイニングは宿泊者以外も利用できる
【DATA】
京都市中京区四条西洞院上ル蟷螂山町461
☎075・221・8800 IN15:00 OUT11:00
シングルルーム1泊¥11,000~(税・サ・宿泊税込)

What's New

Feature
Ranking