<夫の“あるある態度”対処法④>“ありがとう”をいってほしい!【夫と100歳まで平和に暮らす方法】

夫の性格によって、心を動かされるキーワードやウザがられるポイントは異なるもの。「夫に“ありがとう”をいってほしい」という妻の訴えに応える対処法を、「上司」「無関心」「お調子者」のタイプ別に、夫婦問題カウンセラーの高草木先生が解説。

>>まずはこちらの記事をチェック!

あなたの夫は何タイプ?タイプ別の特徴をご紹介

【CASE4】慣れすぎた関係を改善したい! “ありがとう”をいってほしい

夫にありがとうを言ってもらうための対処法

タイプ別対策は…

【A.上司タイプ】ありがとうの言葉を日常的に習慣づける

上司タイプの夫への対策

「わざわざ言葉にしなくてもわかるだろう」と考えるのがこのタイプ。時には「私、がんばったからありがとうといって」と、感謝の言葉がほしいことを伝えるべし。日ごろ口にしないと、いざというときに言葉がスッと出てこないという男性も多い。「お茶をいれたらありがとうとか、ふだんの“ありがとう”を増やさない?」と提案するのもおすすめ。

【B.無関心タイプ】ありがとうはその場でリクエスト

無関心タイプの夫への対策

お茶をいれてあげても、テレビやスマホを見ながら「あー」とか「うーん」とか無意識に言葉を発して、ありがとうをいったつもりになっているのが、このタイプ。適当にスルーされてしまわないように、「今、ありがとうっていってほしいな」「おいしいっていって」など、その場ではっきりリクエストすることを繰り返し、意識を変えていくことが大事

【C.お調子者タイプ】ありがとうをいえる人はモテると思わせる

お調子者タイプの夫への対策

自分が他人からどう見られるかをけっこう気にするCタイプ。その性質を利用して、「こういうとき、ありがとうっていってくれる人はスマートでかっこいいし、女性にモテるよねー」と印象を伝え、ありがとうをリクエストしよう。あとになってからいうと、そのときの状況を忘れてしまっていることも。その場で気持ちを伝えるのがベスト!

What's New

Feature
Ranking