自宅でお酒をたしなむJマダム多し。そのお相手はやはり、○○!

2017年2月1日
気楽な“おうち酒”は、Jマダムたちの日常に欠かせないツールのよう。いったい誰と、何をのんでいる? ふだんはあまり見えてこないJマダムの自宅での様子を、こっそりのぞき見!

気持ちをリラックスさせてくれたり人との関係を近づけてくれたりと、ほどよいお酒の効用は計り知れず。おしゃれをしてバーに出かけるのもいいけれど、特に寒い冬は温かな自宅でほっこり楽しむのもオツなもの。Jマダムたちも“おうち酒”派は多いようで、「毎日のようにのむ」「週に1~3回ほどのむ」を合わせると、なんと62%も! 

お酒といっても、ワインや日本酒など種類はさまざま。Jマダムに人気のお酒はいったい何? 大人気なのが「ワイン・シャンパン」で4割以上、続く2位は「ビール」で32%。あとは少数ながら日本酒、焼酎、カクテルを推す声があがり、ウィスキーや紹興酒などは皆無でした。一方、一回の“おうち酒”にかけるお酒の予算を聞くと、3000円以下が55%、1万円以上が28%で、その間の層がとても少ないという結果に。

毎晩のように“おうち酒”を楽しみ、ワインやビールが人気で、お手頃価格または高級志向のお酒を購入。そこから見えてくる“おうち酒”のお相手は…? そうです、ダントツ一位はやはり「夫・パートナー」で50%。ダンナ様とビールかお手頃ワインで日々の晩酌を一杯、というのが多くのJマダムたちの日常の一コマのようです。一方で15%ほどのJマダムが、親しい女友達との自宅ランチ会で、手料理に合うお酒を提供している様子。そんなときは奮発して、1万円以上の選りすぐり高級ワインで乾杯!? Jマダムの暮らしの楽しみ方が見えてきますね。

What's New新着記事

  • Jマダムの花物語:一面の花に癒されて

    かつてミス目黒に選ばれ、数々の女性誌の読者モデルとして活躍しているチームJマダムのWさん。手作りの絹玉アクセサリーを販売し、子どもたちの塾を開いたりと、多方面で華やかに活躍しているが、子どもの頃は引っ越しでつらい思いも。ところが新しくできた公園の花が、Wさんの心をすくい上げた。

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2017年4月25日

  • Jマダムの花物語:長瀞の枝垂桜が心の原風景

    小型船舶操縦士の免許をもち、クルージングしながらおいしい料理が楽しめる船上レストランのオープンを目指す、チームJマダムのSさん。今から10年前に行った長瀞の桜体験が、心の原風景として親子の記憶に強く残っているという。

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2017年4月18日

  • ○○好きが、優雅なJマダムのあかし!

    その存在自体が日本に優雅さと上品さをあたえているのがJマダム。そんなJマダムたちが愛しているのは、やはり、花。季節ごとに庭の草花を植え替え、リビングには切り花を飾って華やかに。

    50代のリアル

    2017年4月15日

  • 親はいつもまでも親。でも・・・。

    エクラ世代にとって、今いちばんの気がかりは「親のこと」のよう。考えてみれば、年齢的にもいつ何が起きても不思議はない。たとえば介護となったら、自分の生活はどうなるの……? 多く寄せられた声から、今回は”実の親”に焦点を当ててみた。

    裏エクラ

    2017年4月15日

  • Jマダムにぴったり! 美と健康は韓国薬膳で

    韓国薬膳を学びに、よく韓国を訪れているのが、チームJマダムのMさん。最近習った韓国薬膳料理には、女性の体をいたわる工夫が随所に。

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2017年4月11日

FEATURE
ランキング
FOLLOW US
編集部から届くメールマガジン
会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載
新規会員登録