自宅でお酒をたしなむJマダム多し。そのお相手はやはり、○○!

気楽な“おうち酒”は、Jマダムたちの日常に欠かせないツールのよう。いったい誰と、何をのんでいる? ふだんはあまり見えてこないJマダムの自宅での様子を、こっそりのぞき見!
自宅でお酒をたしなむJマダム多し。そのお相手はやはり、○○!_1_1
気持ちをリラックスさせてくれたり人との関係を近づけてくれたりと、ほどよいお酒の効用は計り知れず。おしゃれをしてバーに出かけるのもいいけれど、特に寒い冬は温かな自宅でほっこり楽しむのもオツなもの。Jマダムたちも“おうち酒”派は多いようで、「毎日のようにのむ」「週に1~3回ほどのむ」を合わせると、なんと62%も! 
自宅でお酒をたしなむJマダム多し。そのお相手はやはり、○○!_1_2
お酒といっても、ワインや日本酒など種類はさまざま。Jマダムに人気のお酒はいったい何? 大人気なのが「ワイン・シャンパン」で4割以上、続く2位は「ビール」で32%。あとは少数ながら日本酒、焼酎、カクテルを推す声があがり、ウィスキーや紹興酒などは皆無でした。一方、一回の“おうち酒”にかけるお酒の予算を聞くと、3000円以下が55%、1万円以上が28%で、その間の層がとても少ないという結果に。
自宅でお酒をたしなむJマダム多し。そのお相手はやはり、○○!_1_3
毎晩のように“おうち酒”を楽しみ、ワインやビールが人気で、お手頃価格または高級志向のお酒を購入。そこから見えてくる“おうち酒”のお相手は…? そうです、ダントツ一位はやはり「夫・パートナー」で50%。ダンナ様とビールかお手頃ワインで日々の晩酌を一杯、というのが多くのJマダムたちの日常の一コマのようです。一方で15%ほどのJマダムが、親しい女友達との自宅ランチ会で、手料理に合うお酒を提供している様子。そんなときは奮発して、1万円以上の選りすぐり高級ワインで乾杯!? Jマダムの暮らしの楽しみ方が見えてきますね。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング