手軽にスタートできる!「3つの目にいいこと」【目を悪くしないためにできること】

目の不調やトラブルが増えるアラフィー世代。でも、加齢のせいと諦めるのはまだ早い! まずは、生活の中にちょっとした工夫や、手軽なストレッチを取り入れてみて。すぐに始められる「3つの目にいいこと」を眼科医の平松先生に教えていただきました。

教えてくれたのは…

眼科医 平松 類先生

眼科医 平松 類先生

二本松眼科病院(東京・江戸川区)に勤務。医者任せではない、患者自身が実践できる目の病気の予防法や緩和法についてわかりやすく伝える。テレビなどのメディア出演のほか、目の健康についての著書も多数。

【できること1】「遠近ストレッチ」

近くを見続けて凝ってしまった目の筋肉をほぐす!

「水晶体の両側についている毛様体筋が収縮し、水晶体の厚さを変化させることで目はピントを合わせます。この機能が落ちて水晶体の厚さを変化させづらくなるのが老眼。手元ばかり見ていて毛様体筋が緊張した状態が続くと、疲労によってコリや疲れが出てきて、毛様体筋の働きが落ちます。予防するには、遠くと近くを交互に見る目のストレッチが効果的。目の血流もよくなって涙の質も向上」

〈近くを見るとき〉
近くを見るときのしくみ
〈遠くを見るとき〉
遠くを見るときのしくみ
遠く(②)と近く(①)を10秒ずつ交互に見るのを10回繰り返す。近くの目標物は指を目の前30㎝に立て、遠くの目標物は2m以上離れた場所にあるものにする。それぞれを見るとき、ハッキリ見ようとせず、目をリラックスさせるつもりでボーッと眺めるのがポイント。仕事の合間など、1時間に1回できればベスト!
遠近ストレッチ

【できること2】「目にいい呼吸」

細く長い呼吸の繰り返しでリラックスして目を休ませる

「まぶたの開閉やピント調節機能を担うのは自律神経。スマホやパソコンで常にブルーライトを見ていたり、ストレスがたまっていると交感神経優位の緊張した状態が続き、自律神経の働きが乱れて目の機能にも影響を与えます。深~い呼吸で副交感神経優位の状態にし、自律神経のバランスを整えましょう」

目の前にあるろうそくの炎を消すイメージで呼吸をする
3秒かけて鼻からゆっくり息を吸い、6秒かけて口からゆっくり吐き出す。このとき、目の前にあるろうそくの炎を消すイメージで、口をすぼめて腹式呼吸で細く長く吐き出すのがポイント。目を開けたままだと光が入ってきて交感神経が刺激されてしまうので、目をつむって行う。

【できること3】「100均の老眼鏡でリラックス」

ボーッと見ることで目の筋肉の緊張を解く

「目に入ってくるものをしっかり見ようとすると目が疲れます。そこで、あえて度の合わない老眼鏡をかけ、2mほど先を見ましょう。度が合わないので目が見ることをあきらめ、毛様体筋がリラックスします。100円ショップで+プラス2程度の老眼鏡を買って使うのがおすすめ。一日1回、5分程度でOKです」

度の合わない老眼鏡をかけてリラックスする

What's New

Feature
Ranking