目にいいスペシャルな栄養素が沢山「目のダメージにいい食べ物」【目を悪くしないためにできること】

目の不調やトラブルが増えるアラフィー世代が今からでも始められる、生活の中でできるちょっとした工夫をアドバイス! 眼科医の平松先生が、目のアンチエイジングに効果的な栄養素を豊富に含んだ食材をお教えします。

教えてくれたのは…

眼科医 平松 類先生

眼科医 平松 類先生

二本松眼科病院(東京・江戸川区)に勤務。医者任せではない、患者自身が実践できる目の病気の予防法や緩和法についてわかりやすく伝える。テレビなどのメディア出演のほか、目の健康についての著書も多数。

「ダメージにいい食べ物」

目にいいスペシャルな栄養素で新陳代謝を助けてダメージを除去

「私たちの体は毎日の食事からとる栄養素でできていますが、目もしかり。目の健康維持にはバランスのいい食事が基本ですが、なかでも積極的にとりたい栄養素はビタミンA、C、Eとルテイン。これらは目の細胞膜を修復したり、酸化物質を除去するなどの働きがあり、目のアンチエイジングに不可欠です」

ビタミンCが多く含まれている食べ物

ビタミンC

強い抗酸化作用をもつビタミンの代表で、目のダメージ回復や老化防止に期待大。多く含む果物や緑黄色野菜を積極的にとって。

ビタミンEが多く含まれている食べ物

ビタミンE

強い抗酸化作用で体内の活性酸素を除去。体内の細胞膜をダメージから守る。上記のほかにアボカド、ひまわり油などにも。

ルテインが多く含まれている食べ物

ルテイン

植物性色素のカロテノイドの一種で、抗酸化作用が高く目に優先的に働く性質が。ほうれん草をはじめ緑黄色野菜に多く含まれる。

ビタミンAが多く含まれている食べ物

ビタミンA

網膜の細胞をつくる働きがあり、ビタミンの中でも目の機能維持に特に重要。含有量が多いのはレバー類、うなぎやあなご、銀ダラなど。

▼その他のおすすめ記事もチェック
  • 【50代の骨折】骨がもろくなる?手、足、助骨まで「小さな骨折」の原因は?対策方法は?

    ちょっとした段差でつまずいて足の指を骨折したり、机にぶつけて手の指を骨折したりと「小さな骨折」をする50代が多数いることがアンケート調査により発覚!小さな骨折といえど、生活に支障が出るうえ、運動機能がどんどん衰える引き金になるから要注意。そこで、小さな骨折をしやすくなる原因とは?対策方法は?予防法は?整形外科医の先生に詳しくお聞きしました。

What's New

Feature
Ranking