北陸初のハイアットが2軒が開業『ハイアット セントリック 金沢』『ハイアット ハウス 金沢』

金沢駅金沢港口(西口)から徒歩すぐに位置する複合施設「クロスゲート金沢」に、北陸初のハイアットが、8月1日、2軒開業。どちらもハイアット独自の新衛生基準を満たすホテルだ。金沢での過ごし方の選択肢がまた広がる。

【NEW OPEN KANAZAWA】

旅行にも、長期滞在にも。金沢駅すぐ近くに2軒が開業

『ハイアット セントリック 金沢』

ホテル棟の1〜14階を占める『ハイアットセントリック 金沢』は、金沢の最先端情報をとりそろえて、旅をサポートするライフスタイルホテル。金沢の伝統工芸や歴史を反映した、コンテンポラリーなテイストの内装で、オールデイダイニングとルーフテラスバーを備えている。

『ハイアット セントリ ック 金沢』で最大の「カナザワスイート」

『ハイアット セントリック 金沢』で最大の「カナザワスイート」は96㎡の広さ。リビングルーム、ベッドルーム、広々としたバスルームからなるゆとりの空間

金沢の伝統工芸や意匠にインスピレーションを受けたロビー 

金沢の伝統工芸や意匠にインスピレーションを受けたロビー 

38㎡あるデラックスツインの客室。ソファベッドを備え、大人3名まで滞在できる

38㎡あるデラックスツインの客室。ソファベッドを備え、大人3名まで滞在できる

最上階の14階に位置するルーフテラス バー。バーカウンターからは窓の向こうに市内のパノラマが広がり、テラスからも金沢の街並みを眺められる

最上階の14階に位置するルーフテラス バー。バーカウンターからは窓の向こうに市内のパノラマが広がり、テラスからも金沢の街並みを眺められる

 

『ハイアット ハウス 金沢』

ホテル・レジデンス棟の3〜7階が、中長期滞在にも最適な『ハイアット ハウス 金沢』。客室にはキッチンなどがあり、館内にはランドリールームや必要な日用品を24時間販売するショップや、ソーシャルな共有スペースも。自宅にいるかのような快適さで、連泊やワーケーションをも満喫できそう。
『ハイアット ハウス 金沢』の「Hレストラン」。宿泊者は、朝食が無料

『ハイアット ハウス 金沢』の「Hレストラン」。宿泊者は、朝食が無料

「キッチン スイート ツイン」は、キッチン、リビングとワークエリアつきダイニングがある約54㎡の客室

「キッチン スイート ツイン」は、キッチン、リビングとワークエリアつきダイニングがある約54㎡の客室

  

開業記念特別プラン「はじめまして!金沢」

『ハイアット セントリック 金沢』は2連泊すると2泊目が半額、『ハイアット ハウス 金沢』は3連泊すると3泊目が無料、さらに「金沢文化施設共通観覧券3DAYパスポート」などの特典つき。’20年10月31日までの宿泊限定。

『ハイアット セントリック 金沢』『ハイアット ハウス 金沢』

石川県金沢市広岡1の5の2「クロスゲート金沢」内

ハイアット セントリック 金沢

【TEL】076・256・1234

全253室 ¥14,000~(1泊室料、税・サ別) 

hyattcentrickanazawa.jp

ハイアット ハウス 金沢

【TEL】076・256・1235

全92室 ¥11,500~(1泊室料、朝食無料、税・サ別)

hyatthousekanazawa.jp

  • 歴史的建物を再生したモダンなホテル『ザ・ホテル青龍 京都清水』

    3月22日に開業した『ザ・ホテル青龍 京都清水』は、元・京都市立清水小学校の跡地と歴史的な建物を保存・活用し、再生。館内各所に小学校時代の面影を残し、地域の歴史や文化を継承するヘリテージホテルだ。エントランスでは法観寺「八坂の塔」の眺望がゲストをお出迎え。校庭は一般にも開放されるガーデンとなった。

  • 古都奈良の最新リゾート「ふふ奈良」へ

    緑の芝生に鹿が群れ遊ぶ奈良公園。名勝の地に隣接して、6月5日に開業した「ふふ奈良」は、随所に奈良らしさを散りばめた、落ち着きあるリゾートホテル。おおらかな気分に満たされる、奈良の休日を満喫して。

What's New

Feature
Ranking