ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

<松本千登世さんの肌荒れレスキュー対策>マスク生活やストレスが多いからこそ、バリア機能がしっかりした肌に

マスク生活やストレスで予期せぬ肌不調が続く今、大切なのは、バリア機能がしっかりした丈夫な肌へと育て、備えておくこと。肌荒れしたときのレスキュー対策法を、美容ジャーナリストの松本千登世さんがアドバイス。
松本千登世(まつもと ちとせ)

松本千登世(まつもと ちとせ)

航空会社の客室乗務員、広告代理店勤務を経て、出版社にて雑誌の編集作業に携わるようになる。現在は、フリーのエディターとして、鋭い審美眼と温かい視点で女性の魅力を分析し、世の女性にきれいになるヒントを発信。『いつも綺麗、じゃなくていい。50歳からの美人の「空気」のまといかた』(PHP研究所刊)、『美人に見える「空気」のつくり方/セルフケアで女(わたし)を磨く79のテクニック』(三笠書房刊)ほか著書多数。
松本千登世

「備えあれば憂いなし。起きてから何かをするのではなく、日々のダメージをその日のうちに立て直せる肌を目ざして」

「とあるメーカーの取材にうかがったとき、肌にとって一番いけないことは“波乱万丈”だと。人生にとって、“波乱万丈”は包容力をつけたりといいことのように感じるかもしれないけど、肌にとっては迷惑千万ですというお話。深く納得しました。肌は落差が大きいほど老けるし、戻すのが大変になりますから。だからこそ、肌にも過酷なマスク生活かつストレスフルなことが多い昨今、大切なのは、バリア機能がしっかりした丈夫な肌へと育て、備えておくこと。私も昔より肌がだいぶ丈夫になり、マスクこすれなどの刺激に負けていません。また、揺らいだら、その日のうちにきゅっと戻せる、そんなレスキュー的スキンケアを常備しておくのがおすすめです」

What's New

Feature
Ranking