オブジェとしても使える!インテリア性抜群の「ヴィンテージ花器」【存在感のある花器】

圧倒的な存在感のあるヴィンテージ花器なら、ダリアのように鮮やかな色の花も輪郭のしっかりした花も鷹揚に受け止める。花のない、そのままの姿もまた美しく、ずっと飾っておきたくなる。
提案してくれるのは…

インテリア・エディター 鈴木奈代さん

雑誌などを中心に家・暮らしにまつわる取材・提案をする。旅先でも建物や家具屋をめぐるインテリアおたく。目ざすは心の余裕に関係なく花を絶やさぬ大人。

ヴィンテージ花器の力を借りれば 花もさらにいきいきと魅力的に

ヴィンテージ花器の力を借りれば 花もさらにいきいきと魅力的に

今、世界中で注目されているのがミッドセンチュリー期にドイツでつくられていた陶磁器。「Fat Lava(ふくよかな溶岩)」という愛称で呼ばれ、厚みのある釉薬を用いた溶岩や溶岩石のような表情が特徴だ。鮮やかな色彩のフォルムの美しい花器が多く、コレクターズアイテムにもなっている。ともに西ドイツ時代の「Scheurich」というメーカーの一点もの。現在「Scheurich」は園芸用品などを扱うメーカーに。

[左から](φ10×H27㎝)¥11,000・(φ10.3×H24.5㎝)¥13,000/kiis

 

こちらもおすすめ

花があってもなくても 絵になる花器

益子で作陶する「伊藤丈浩」は、スリップウエアの食器などでも注目される作家。写真の花器はソーダ釉と呼ばれ、窯に熱湯で溶かした重曹(ソーダ)を投入し、独特の斑模様やツヤが生まれるという技法。質感はもちろん、姿も美しく、花があってもなくても絵になる花器。(φ12.5×H18㎝)¥16,000/G+OO(ジープラスツーノウツ)

 

〈花器が買えるのは…〉

kiis

大阪府大阪市北区天神橋1の14

の8第二池田ビル2F202

完全予約制 不定休

http://www.fatlava.net

*ヴィンテージの花器の取り扱いについてはHPを参照ください。

G+OO(ジープラスツーノウツ)

栃木県芳賀郡益子町城内坂115

☎028・572・0098 

10:00 〜17:00

㊡水曜(祝祭日は営業)

http://g-plus-mashiko.com

What's New

Feature
Ranking