乾燥に負けない!小林さん考案のスキンケアテクニック【小林ひろ美直伝!負けない肌の育て方】

アラフィー世代が最も気になる“乾燥問題”は、美容家・小林ひろ美さんが考案した“日々のスキンケアのちょっとした工夫”でさらりと解決!
美容家・小林ひろ美さん

美容家・小林ひろ美さん

こばやし ひろみ●56歳。ルーティンに陥りがちなケアを楽しみながらできる美容へと変える美の達人。50代の奇跡と評される美肌は業界随一。最近は、息子のお嫁さんの美容相談に乗るのが楽しみのひとつ。

《克服したい悩み》乾燥に負けない!

【ひろ美的ADVICE】
ブースター美容液の投入と、週1回の乳液ピーリングで、潤いの引き込み力1.5倍増を目標に!

「かつては潤ってジューシーだった肌がしぼんでドライフルーツのようになるのは、完全に保湿不足な証拠です。ただ、ひと口に保湿といっても、自らの潤う力が弱まり、水分を逃しやすくなったエクラ世代にとっては至難のワザ……。ぱぱっと化粧水をなじませるだけでは足りないので、まずはブースター美容液を投入するのが賢い選択です。また、スキンケアの浸透を妨げる古い角質の掃除もお忘れなく! それだけで、潤いの引き込み力が格段にアップします」

《Point 1朝起きたら、前夜の保湿ケアが足りているか潤い満タンチェック
「きれいへの近道は、冷静に自分の肌を鏡で見て、触れて今のコンディションを的確に知ることが大事です。昨晩のお手入れで潤いがきちんと行き渡っていたかどうか、翌朝答え合わせをしましょう。朝、スキンケアを始める前に、顔の中で乾燥しやすい地帯、頰の高い位置に触れて潤いが満タンかチェックして」

セルフチェック
ブラウス¥29,000/ストックマン(ヨーロピアン カルチャー)

《CHECK!》

目じり下を指の第2関節付近でそっと触れて、しっとり吸いつくようであれば合格。ゴワゴワ&カサカサしていたら、さらに潤いを強化すべきサイン。

《Point 2》洗顔後すぐ! ブースター美容液はめぐりのツボを押しながら

「化粧水がなかなか浸透しない、スキンケアが効いていない気がするという人は、まずブースター美容液を投入しましょう。洗顔後すぐにつけるブースター美容液を化粧水を引き込む仲人役にすれば、時間をかけずとも肌の潤い力に歴然の差が! さらに、ツボを押しながらなじませるだけで、めぐりの追い風も吹きますよ」

ブースター美容液を顔の内から外に向かってなじませる
Tシャツ/スタイリスト私物

《1》ブースター美容液を顔の内から外に向かってなじませる。毛穴が気になるときは、反対の手で肌をピンと張らせながら、なじませて。

めぐりをスムーズにするツボ、鼻横とこめかみをプッシュ

《2》めぐりをスムーズにするツボ、鼻横とこめかみをプッシュ。

もうひとつのツボ、額中央を最後にプッシュ

《3》もうひとつのツボ、額中央を最後にプッシュ。

《Point 3》保湿ケアをじゃまする角質を“乳液ピーリング”で一掃

「代謝が落ちた肌は、古い角質がうまくはがれずに蓄積し、潤いの浸透を妨げているケースがほとんど。どんな人にも私的におすすめなのは、上手に水分と油分を与えながら、不要な角質のみを浮き上がらせる“乳液ピーリング”。一度で肌が柔らかくツヤのある、響きのいい肌にリニューアルされるので、ぜひ」

お湯をためた洗面器からのスチームを浴びつつ、乳液を顔全体にたっぷりとオン

《1》お湯をためた洗面器からのスチームを浴びつつ、乳液を顔全体にたっぷりとオン。顔の内から外に向かってクルクルと角質を浮かせるように

洗面器に顔を近づけ、頭をタオルで覆い、スチーム蒸し状態にして約30秒

《2》洗面器に顔を近づけ、頭をタオルで覆い、スチーム蒸し状態にして約30秒。

パナソニックのスチーマー ナノケア EHSA3B
簡単操作&コンパクトサイズの温スチーマー。スチーマー ナノケア EHSA3B(オープン価格)/パナソニック
タオルをぬるま湯で湿らせ、古い角質を優しく内から外にふき取る

《3》タオルをぬるま湯で湿らせ、古い角質を優しく内から外にふき取る。

What's New

Feature
Ranking