オンラインで楽しむ海外旅行。 人気ワイン生産者とワイナリーツアーを【飲むんだったら、イケてるワイン/WEB特別篇】

海外のワイナリーツアーがなかなか叶わない今だからこそ、オンラインで"ワイナリー・ビジット”を。「エノテカ」が主催するイベントは、海外旅行気分も満載。人気生産者のワインをオーナーや醸造家と楽しみつつ、現地の空気感を楽しんでみたい。
パソコンの画面に映るのは飛行機の座席。「機内の風景、久々に見た!」と、ちょっと気分が上がった。なんといっても、もう1年以上海外に出かけていないのだから。続いて流れた音声は、「本日、トスカーナの天気は晴れ。これより、皆様をトスカーナへお連れいたします」というアナウンス。飛行機が離陸する音が流れ、一瞬でたどり着いたのは、イタリア・トスカーナ地方キャンティ・クラシコ地区の東、ヴァル・ダルノ・ディ・ソフラ地区にあるイル・ボッロ村だった。
イル・ボッロ
機内の映像は主宰者であるエノテカの粋な演出。海外旅行気分を盛り上げてくれる。
イル・ボッロ
オンラインで楽しむ海外旅行。 人気ワイン生産者とワイナリーツアーを【飲むんだったら、イケてるワイン/WEB特別篇】 _1_3
イル・ボッロ村はトスカーナの森の中にあるリゾート地。ワイナリー、ホテル、レストランなどがあり、ゆったり滞在することも可能。
画面の向こうには光に満ちた緑豊かなブドウ畑が広がり、心癒される。画面の中から、サルヴァトーレ・フェラガモ氏が「日本の皆様、こんにちは。一緒に乾杯しましょう!」と語りかけ、まずはシャルドネで造られた「ラメッレ」で乾杯!

イル・ボッロ
オンラインセミナーの始まりは、「ラメッレ」で乾杯! 画面越しに現地の空気感が伝わり、気持ちも晴れやかに。
これは、2月下旬にワインショップ「エノテカ」主催で行われた「オンライン・ワインテイスティングイベント~イル・ボッロ ワイナリーツアー」だ。ワイン産地とワイン愛好家を結ぶオンライン・ワイナリーツアーで、ふだんはなかなか会えない生産者がワイナリーを案内しつつ、一緒にワインを楽しむことができる。そのワインが生まれる畑を見たり、チャット機能を使って直接生産者にと質問することができ、生産者との距離をぐっと近づけてくれる。生産者のワインが自宅に届き、そのワインを楽しみながら話が聞けるのも魅力だ。
イル・ボッロ
サルヴァトーレ・フェラガモ氏。カンティーナ(ワイナリー)の案内やワインの説明などから、温かな人となりが伝わってくる。チャット機能で生産者と直接コンタクトできるのも楽しい。
オンラインで楽しむ海外旅行。 人気ワイン生産者とワイナリーツアーを【飲むんだったら、イケてるワイン/WEB特別篇】 _1_6
今回の“フライト・ディスティネーション”に選ばれた「イル・ボッロ」はファッションブランドの「サルヴァトーレ フェラガモ」が所有するワイナリーで、イタリアワイン好きに高い評価を得ている。ブドウはすべてオーガニック(一部ビオディナミ)で育て、化学肥料には一切頼らず、ナチュラルな味わいのワインを生み出している。2015年にはオーガニックの認証を取得している。画面の中では、フェラガモ氏がブドウ畑を案内してくれるが、その畑には草が青々と生えており、自然のままの農法でブドウ栽培が行われていることがわかる。フェラガモ氏は言う。
イル・ボッロ
「私たちは、2つのキーワードを大切にしています。ひとつは“持続可能性”のある農業、そしてもうひとつは“この土地の多様なテロワールを表現すること”です」。たとえば、乾杯で飲んだ「ラメッレ」は、古代のこの地のテロワールを語るもの。かつてここは湖だったが、今も土壌には湖に生息していた貝のミネラルが豊富に含まれているという。今回は、フラッグシップの赤ワイン「イル・ボッロ」も試飲したが、こちらは低い粘土質の土地で育つメルロ、砂礫や石ころが多い土地で育つシラー、標高の高い場所で育つカベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドし、“この土地そのもの”を表現しているという。森や黒胡椒の香りを嗅いでいると、「これがトスカーナの香りだろうか?」と想像が膨らんでくる。
イル・ボッロ
オンラインで楽しむ海外旅行。 人気ワイン生産者とワイナリーツアーを【飲むんだったら、イケてるワイン/WEB特別篇】 _1_9
ヴィラの庭は「美しい」のひと言。ここからの森の眺めも絶景!
オンラインで楽しむ海外旅行。 人気ワイン生産者とワイナリーツアーを【飲むんだったら、イケてるワイン/WEB特別篇】 _1_10
フェラガモ氏は、ツアーガイドとなってイル・ボッロの村を案内してくれたが、実は、ここは広大な敷地で、糸杉が見える並木道の向こうに馬がたいたり、"ルレ・エ・シャトー"に加盟しているという瀟洒なホテルがあったり、また、ワインと食事が楽しめるレストランからは、雄大なトスカーナの景色が見渡せたりと、旅情気分を味わわせてくれる。聞けば、ここはかつてメディチ家が所有していた土地で、のちに政治家で軍人でもあったアレッサンドロ・ダルボッロが購入したものだという。その後、「サルヴァトーレ フェラガモ」が所有者となり、この村ごと美しいリゾート地に変えたのだ。ここには、安らぎと美食を求めて、世界中からセレブがやってくるという。
イル・ボッロ
イル・ボッロ
「今は、コロナで往来ができませんが、いつか皆様も機会があれば、ぜひイル・ボッロ村にいらしてください」とフェラガモ氏。渡航が叶わない今だけに、バーチャルでも海外旅行気分が味わえたのがうれしく、ブドウ畑を見て清々しい気分になれたのがうれしい。
「エノテカ」では、定期的にこのようなオンラインのワイナリーツアーを予定してているというが、興味のある人はメルマガのチェックを。束の間でも、現地の声を聞くことで、世界が身近に感じられる。生産者とともにワインで乾杯すれば、「大丈夫、繋がっている」と元気になれるのだ。
「ラメッレ 2018」 イタリア・トスカーナ州。シャルドネ100%

「ラメッレ 2018」

イタリア・トスカーナ州。シャルドネ100%。白い花やグレープフルーツ、レモンの香り。優しく、清らかな酸味。ホタテとオレンジのサラダ、文旦とモッツァレラ、鯖寿司や穴子寿司とも好相性。375ml ¥3,080、750ml ¥5,500

「イル・ボッロ 2016」 イタリア・トスカーナ州。メルロ50%、カベルネ・ソーヴィニヨン35%、シラー15%

「イル・ボッロ 2016」

イタリア・トスカーナ州。メルロ50%、カベルネ・ソーヴィニヨン35%、シラー15%。ブルーベリーやカシス、黒胡椒の香り。タンニンはしっかりしていながらもなめらか。ステーキやすき焼きなどに。375ml ¥3,960、750ml ¥7,700

■エノテカ・オンライン https://www.enoteca.co.jp/

問い合わせ/エノテカ☏0120-81-3634(フリーダイヤル)

〔オンラインイベントへの参加方法〕
エノテカ・オンラインのメール・マガジンにご登録ください(無料)。
トップ画面をスクロールし、一番下にある“メルマガ登録”欄の「イベント情報」の購読にチェックを入れると、オンラインイベントの情報を入手することが可能です。
次回は、4月24日(土)にイタリア・トスカーナの「カステッロ・ディ・アマ」を予定しています。
取材・文/安齋喜美子

What's New

Feature
Ranking