【2022年、運気を上げるヒント】青木良文×レイコ・ローラン対談1「権力と新しい価値観が拮抗する年に!? マインドチェンジが幸運のカギ」

コロナ禍の自粛生活もうっすら出口が見えてきた。ただし、生活スタイルやマインドにちょっとした変化が生まれ、すべてがもとに戻ってすっきりという空気でもなさそう。次の2022年に開運スイッチを入れる日常のTIPSを、青木良文とレイコ・ローランが伝授する対談、全3回の1回目。
ファッション&占いエディター 青木良文

ファッション&占いエディター 青木良文

商社勤務を経て編集者に。現在はモード誌やウェブメディアなどでファッションと占いの編集を担当。自身も占いや開運法を実践し、ポジティブなメッセージを広く発信する。女優やインフルエンサーからの信頼も厚い。
アラフィー占星術師 レイコ・ローラン

アラフィー占星術師 レイコ・ローラン

London School of Astrology認定占星術師。日欧で西洋占星学の研鑽を積む。詳細なホロスコープを用いた西洋占星術を専門とするほか、兄弟的占術である数秘術も研究を深める。自身もエクラ世代でファッション好き。

コンサバな権力や伝統と新しい価値観が拮抗する

青木 グレーな景色からちょっと空が晴れてきたような。今現在は、希望的観測をもちたくなる状況ですが、アフターコロナ、どうでしょう。

レイコ 楽観的になりたいところですよね。’22年は星回り的にざっくりいうと、前半と後半でムードが大きく変わるんです。世の中の流行やニュースが反映される木星の動きを見ると、’21年の12月末から’22年5月11日までが魚座、その後10月28日まで牡羊座でまた魚座に戻り、12月20日には牡羊座に入るという、行ったり来たり。12星座の中で、魚座は最後、牡羊座は最初を意味するので、なんでもありというか混沌というか。

青木 うわっ。それは相当なチェンジ。激動感ありますね。

レイコ ’21年のままじゃいられない気分ではあるんだけど、権力や伝統というコンサバなものと新しい価値観が、戦いながら行きつ戻りつする感じ。すでにそんな新旧の拮抗は始まっていますよね。

青木 皇族のかたのご結婚もまさにそれ。新しい時代に入り、家族制度や結婚制度を改めて考え直す時でも。

レイコ 確かに。おしどりに見える夫婦の離婚ももっと増えそうです。そんな揺り戻しもありながら古いしがらみや価値観が’22年に出つくして次の時代へ移行し、変わった実感を得られるのは、消滅と再生の星・冥王星が山羊座から水瓶座に入る’23年の3月から。’22年はそこに向けての準備期間かな、と。

青木 ’23年から個人こそが大事というスタンスがさらに加速し、新しい価値観がメインストリームになっていくんですね。風水では、’22年は九星気学の始まりである五黄土星が中宮に入るそうで、ここから大きなリセット&スタートに。どんな人にもチャンスがあり、どんどん自分の世界を広げていくイメージです。変わっていく自分を楽しむといい流れに乗れそう。

レイコ 変化が苦手な人にはちょっとつらい時代かもしれないですね。エクラ世代には、今のままでいい、という安定志向の人も多いですし。

青木 ある意味「風の時代」に乗りにくい人たち、といえるかも。

コンサバな権力や伝統と新しい価値観が拮抗する 青木良文×レイコ・ローラン対談

木星が魚座と牡羊座を行ったり来たり。リセット&スタートの年!――レイコ・ローラン

レイコ 改めて「風の時代」を説明すると、’20年の12月に木星と土星が大接近する、20年に一度のグレート・コンジャンクションがありました。それが風の星座である水瓶座で起こり、200年ぶりに舞台が土の星座から風の星座に変わったんですよね。土の時代の象徴であった大企業、権威、金銭的な成功、肩書きに価値がなくなり、自由、個人、個性、横のつながりが尊重される時代にシフト。

青木 「風の時代」がコロナ禍と重なったのもタイミングがよすぎて運命のようでした。ライフスタイルも価値観も変わらざるをえない状況になりましたから。上下関係から対等な関係、所有からシェア、組織から個、見えるものから見えないものへ。

レイコ 「風の時代」と対極にいるようなエクラ世代ですが、’71年を境に冥王星の位置が乙女座から天秤座に移ったので、実は年代によって考え方も大きく変わります。’71年以前に生まれた乙女座世代は美的感覚に恵まれ、いいものが欲しい消費・所有世代。夢見がちで永遠の女子大生マインドですね。でも’71年よりあとに生まれた天秤座世代はクールで、金銭感覚がもう少しシビア。バランスをとるのが上手で、ハイ&ローのおしゃれが得意な人たちが多い。親が戦後世代だし、やや自由さのある年代。一方で’71年以前生まれは一流企業に入って長く勤めることや、夫が働き妻が家庭を守るスタイルをよしとする考えがまだまだ強かったり。

青木 僕は’72年生まれで、脚光を浴びなかった世代なんていわれました。でもホリエモンやマツコ・デラックス、キムタクなど時代を象徴する人も多いんです。もう少し上の、’55年〜’65年生まれの人は、運気に守られていて、ずっとバブルのまま生きていける、ともいわれますよね。

レイコ エクラ世代でもその余波を受けている人がいそうです。

青木 とはいえ「風の時代」は少しずつマインドチェンジしたほうが生きやすくなるような気がします。

(対談2回目へ続く)

 
  • 12星座別【根っこキャラ占い】でもっと自分を知って幸せに!

    12星座別【根っこキャラ占い】でもっと自分を知って幸せに!

    各星座には、その根っこに潜む驚きのキャラクターがあった! “本来の自分らしさ”を知れば、もっと人生のクオリティが上がるはず! 「怖いほど見透かされる」と評判の【根っこキャラ占い】、まずは自分の星座の“根っこキャラ”を確認して。

What's New

Feature
Ranking
Instagram