アウターのチョイスにも個性が光る!チェックやきれいめコーデに注目【まねしたいパリ&ミラノスナップ】

ベーシックな柄やデザインがベースでも、自分らしいセレクトを楽しむのがパリ&ミラノのマダムたち。こなれデザインのチェック、端正なきれいめコートなど、アウターも自分らしいセレクトを楽しんでいる。

アンヌ=マリー(建築家・パリ)

アンヌ=マリー(建築家・パリ)

マージュのベージュのチェックジャケット、切りっぱなしのホワイトデニム、アディダスのスタンスミス、と定番のアイテムを使ったスタイリング。何げなく巻いたマフラー、アメリカ発イレステーバのサングラスなど、上質な小物使いで洗練された着こなしにグレードアップ。

アナ(バイオテック関係・ミラノ)

アナ(バイオテック関係・ミラノ)

サカイらしいひねりを加えたハイブリッドなアウターに、ミラノで人気のロエベの太めロールアップデニムで高センスを感じさせる着こなし。「エコ、サステイナブルに積極的なブランドの商品を買って応援しています」と、we-ar4のスウェットとショルダーバッグをチョイス。

クリスティーヌ(料理コンサルタント・パリ)

クリスティーヌ(料理コンサルタント・パリ)

ウエストをマークし、襟を立てたコートは、’70年代のセリーヌ。コペンハーゲンで見つけたお気に入りの一着だそう。手袋やバッグ、サングラスは、エルメスのヴィンテージでそろえ、サステイナブルなスタイリングに。グレーやネイビーの落ち着いた色使いがエレガントさを演出。

What's New

Feature
Ranking
Instagram