初夏のストレスすべて解決! 私たちを救う「洗える服」 五選

2017年6月5日
汗・日射し・雨……なにかとストレスの多い夏の毎日も、心地よくおしゃれを楽しみたい。ブランドが「自宅で洗える」と発信しているアイテムや、「撥水・UV」など機能が備わったものだけを厳選した!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.汚れにくい&洗える「白ボトム」
高機能の美脚パンツを味方に夏のオールホワイトを楽しむ! 上品な光沢と張り感が特徴のストレッチパンツは、洗えるだけでなく、高密度で下着が透けにくく、撥水防汚加工つきという、安心感満点な一本。

パンツ¥20,000/カイタックインターナショナル(マリベル ジーン) ニット¥15,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) ストール¥24,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ファリエロ サルティ) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥110,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(マイエット) 傘¥8,000/ストラスブルゴ(ワカオ) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)
2.汗ジミ防止加工のシャツで安心
気になるわき汗が目立たないシャツが登場。生地の表面に撥水加工、裏面は吸水加工を施しているので、汗をかいても表に目立たないという仕組み。後ろのダブルタックで、少しゆとりをもたせたシルエットも女性らしい。

シャツ¥13,000/カイタックインターナショナル(モナーム) パンツ¥39,000/ジャンポールノット 青山店(ジャンポールノット) 片耳ピアス¥18,000/デ・プレ 丸の内店(イリス フォーセブン) バングル¥13,000/メゾン イエナ(フィリップ オーディベール) バッグ¥37,000/エリオポール銀座(フランシス バレンティーヌ)
3.着心地抜群、洗えるタフなきちんとジャケット
切りっぱなし風のデザインとメタルボタンにおしゃれ意識を感じるジャケット。胸下にタックが入ったコンパクトなシルエットなので、旬の太めのボトムとも相性がいい。ごく薄手で、夏に似合うマリンスタイルも快適に楽しめる。

ジャケット¥43,000/ストラスブルゴ(ハイアリン) ニット¥3,990・パンツ¥8,990/リンク・セオリー・ジャパン(プラステ) バングル¥64,000/カラット アー バッグ¥154,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)
4.吸水速乾加工で一日中快適で優雅なシャツワンピ
知性と女性らしさを両立するシャツワンピースは、毎日でも着たくなるアイテム。水洗いができて、吸水速乾性のある素材を使用した一枚は、見た目のきちんとした張り感は生かしつつも、肌ざわりはさらっとソフト。高め位置に結んだ共布ベルトでスタイルアップもかなう。

ワンピース¥49,000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ ロンドン) バングル¥12,000/フラッパーズ(アロン) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥19,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)
5. 白の上品な華やかさがきわだつ洗えるスカート
しっかりした張り感とほどよいボリュームのフレアスカートは、立っても座っても絵になる一枚。雨や泥汚れ、食べこぼしなど、なにかとセンシティブになりがちな白ボトムも、洗えるから安心してはける。透けにくい、というのも、夏の白にはうれしいポイント。

スカート¥19,000/SANYO SHOKAI(アマカ) ニット¥5,990/リンク・セオリー・ジャパン(プラステ) 帽子¥21,000/CA4LAショールーム(テシ) リング¥54,000(ソフィー ブハイ)・バングル¥33,000(セバスチャン ジョフリー モンフォール)/以上ストラスブルゴ バッグ¥42,000・靴¥46,000/アマン(ペリーコ)

What's New新着記事

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 昼間のミモレワンピースは、カジュアルムードの中にさりげない女らしさを 五選

    スカートで使いやすさは実証ずみのミモレ丈。この春はさらにワンピースが充実。素材や色使い、ディテールで女らしさを取り入れた一枚なら、パートナーとのお出かけにも活躍。カジュアルムードのデイタイムには、スタイルアップのワザありデザインを選んで!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング