大人のたしなみ 夏の「品格」フレグランス 五選

2017年6月12日
空も心もどんよりと晴れない季節には、冴えたきらめきをたたえた香りの力を借りて、自分自身が輝きを放つような存在に。まとうことで女性としてのランクまでもが上がる、大人にこそふさわしいラグジュアリーなフレグランスを厳選。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.肌にマスキュリンなニュアンスをもたらし、洗練が香りたつ
メンズの要素を取り入れつつ、あくまでも女性らしく。性別の概念を超えたマドモアゼルのスタイルに着想を得て。柑橘とラベンダーのさわやかでアロマティックなオープニングから、ほのかにミントやローズを感じさせるゼラニウムが香りたつ。ふたりの肌が溶けあうような、特別な愛の香り。

レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル ボーイ シャネル オードゥ パルファム 200㎖ (店舗限定品) ¥46,000/シャネル
2.メゾンの美意識を受け継ぐ、センシュアルで凛とした香り
メゾンのヘリテージを語る「モンテーニュ通りのグレー」という名の、ノーブルなシプレーの香り。ダマスク ローズとインド産サンバック ジャスミンがフローラルのハーモニーを奏で、パチョリとオークモスが溶け合って、洗練された余韻を残す。

ラ コレクシオン プリヴェ
クリスチャン ディオール グリ モンテーニュ オー ドゥ パルファン 250㎖(店舗限定品)¥44,500/パルファン・クリスチャン・ディオール
3.幼いころの夢とフェミニニティ、海と銀河を行き交う幸福な香り
子供の心を取り戻す、魔法の杖のひと振りのような香り。幼いころ、海水にぬれた丸い小石の塩とミネラルの味に気づいたというクリスティーヌ・ナジェル。彼女は波しぶきに洗われたアンバーグリスと、まろやかなパチョリによって導き出された、ウッディーミネラルの「オー デ メルヴェイユ ブルー」を誕生させた。

オー デ メルヴェイユ ブルー オードトワレ ナチュラルスプレー 100㎖ ¥18,500/エルメスジャポン
4.ネロリのきらめきの中に潜むダークなニュアンスで魅了
5代目調香師ティエリー・ワッサーが着目したのは、ビターオレンジの花からわずかしか抽出できないネロリ。そのフレッシュな輝きに、ベースに潜んだスモークティがミステリアスな深みを与える。「ウートルノワ」――黒の中の光を描いたスーラージュの作品のように、相反する魅力で惹きつけて。

ラール エ ラ マティエール ネロリ ウートルノワ オーデパルファン 75㎖ (店舗限定品) ¥32,000/ゲラン
5.光の中に浮かび上がるゴールドのような、オーラを放つディーヴァの香り
’94年に発表された、ブルガリ初の「ジュエリーのエッセンスのような」香り、「プールファム」。時代を超えて愛されてきた、そのパウダリーなフローラルブーケを、モダンに洗練させたのがこの香り。貴重で高価なイリスと、バイオレット、ミモザ。3つが贅沢に溶けあい、艶やかで芳醇に香りたつ。

ブルガリ スプレンディダ コレクション イリス ドール オードパルファム 50㎖ ¥11,900/ブルガリ パルファン事業部

What's New新着記事

  • パリ&ミラノの、すぐに役立つ今夏の最新トレンド 五選

    パリとミラノの街から抽出した、大人ならではのトレンドの取り入れ方を、マダムたちの実例で一挙にご紹介。すぐに参考になる5つのおしゃれの傾向は要チェック!

    eclat五選

    2017年8月22日

  • 同窓会当日は、メイクのマジックで即席−10歳肌 五選

    今の自分に自信をもって、友人たちと素敵な時を過ごしたい。同窓会当日は、見た目年齢を操るツボを押さえたメイクアップで決まり! 当日の朝でもできることを、ヘア&メイクアップアーティストの藤原美智子さんがお教えします。

    eclat五選

    2017年8月21日

  • 目利きのプロが分析、ミラノのベーシック&モダンな着こなし 五選

    「ミラノには新旧のマダムスタイルが素敵に混在する」と話すのは、大人のセレクトショップ『ストラスブルゴ』の執行役員、植原ほのさん。今までのミラノ訪問は15年間べ約60回。「地区ごとにおしゃれのムードが変わり、ミラノマダムの存在感が再び浮き彫りになって、これからが楽しみ」という植原さんが、ミラノマダムのベーシック&モダンなスタイルを解説。

    eclat五選

    2017年8月20日

  • 豊かな香りもごちそう 日本の夏、香味野菜の夏!

    さわやかな香りとすっきりした辛味、ほろ苦さが魅力の夏の香味野菜。eclat9月号ではおもてなしにも使える香味満載の絶品レシピをご紹介。

    eclat五選

    2017年8月19日

  • 狐野扶実子さんが解説!パリジェンヌのお仕事&オフスタイル 五選

    パリ在住後、現在も年に5〜6回渡航している狐野扶実子さん。「自分を見て選ぶ」ことが日常的に身についているパリマダムたちを見て、「着たい服と似合う服は違うんだと、私にはそれがとても新鮮な発見でした。いい意味でおしゃれが自分本位。装うことを楽しむ姿勢がとても健康的で素敵です。」と話す狐野さんが、パリジェンヌのお仕事着ルールとオフスタイルを分析!

    eclat五選

    2017年8月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
  • 全国津々浦々J47

    都道府県コンシェルジュやエクラトラベル班が全国のとっておきの情報を発信!

  • eclat5選

    ファッションやビューティ、ライフスタイル情報をピックアップして毎日お届け!

  • にゃんスタ

    大人の癒し♡インスタグラムからかわいいねこちゃん写真をお届け!

ランキング