大人のたしなみ 夏の「品格」フレグランス 五選

2017年6月12日
空も心もどんよりと晴れない季節には、冴えたきらめきをたたえた香りの力を借りて、自分自身が輝きを放つような存在に。まとうことで女性としてのランクまでもが上がる、大人にこそふさわしいラグジュアリーなフレグランスを厳選。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.肌にマスキュリンなニュアンスをもたらし、洗練が香りたつ
メンズの要素を取り入れつつ、あくまでも女性らしく。性別の概念を超えたマドモアゼルのスタイルに着想を得て。柑橘とラベンダーのさわやかでアロマティックなオープニングから、ほのかにミントやローズを感じさせるゼラニウムが香りたつ。ふたりの肌が溶けあうような、特別な愛の香り。

レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル ボーイ シャネル オードゥ パルファム 200㎖ (店舗限定品) ¥46,000/シャネル
2.メゾンの美意識を受け継ぐ、センシュアルで凛とした香り
メゾンのヘリテージを語る「モンテーニュ通りのグレー」という名の、ノーブルなシプレーの香り。ダマスク ローズとインド産サンバック ジャスミンがフローラルのハーモニーを奏で、パチョリとオークモスが溶け合って、洗練された余韻を残す。

ラ コレクシオン プリヴェ
クリスチャン ディオール グリ モンテーニュ オー ドゥ パルファン 250㎖(店舗限定品)¥44,500/パルファン・クリスチャン・ディオール
3.幼いころの夢とフェミニニティ、海と銀河を行き交う幸福な香り
子供の心を取り戻す、魔法の杖のひと振りのような香り。幼いころ、海水にぬれた丸い小石の塩とミネラルの味に気づいたというクリスティーヌ・ナジェル。彼女は波しぶきに洗われたアンバーグリスと、まろやかなパチョリによって導き出された、ウッディーミネラルの「オー デ メルヴェイユ ブルー」を誕生させた。

オー デ メルヴェイユ ブルー オードトワレ ナチュラルスプレー 100㎖ ¥18,500/エルメスジャポン
4.ネロリのきらめきの中に潜むダークなニュアンスで魅了
5代目調香師ティエリー・ワッサーが着目したのは、ビターオレンジの花からわずかしか抽出できないネロリ。そのフレッシュな輝きに、ベースに潜んだスモークティがミステリアスな深みを与える。「ウートルノワ」――黒の中の光を描いたスーラージュの作品のように、相反する魅力で惹きつけて。

ラール エ ラ マティエール ネロリ ウートルノワ オーデパルファン 75㎖ (店舗限定品) ¥32,000/ゲラン
5.光の中に浮かび上がるゴールドのような、オーラを放つディーヴァの香り
’94年に発表された、ブルガリ初の「ジュエリーのエッセンスのような」香り、「プールファム」。時代を超えて愛されてきた、そのパウダリーなフローラルブーケを、モダンに洗練させたのがこの香り。貴重で高価なイリスと、バイオレット、ミモザ。3つが贅沢に溶けあい、艶やかで芳醇に香りたつ。

ブルガリ スプレンディダ コレクション イリス ドール オードパルファム 50㎖ ¥11,900/ブルガリ パルファン事業部

What's New新着記事

  • おいしい食材を使った旬のグルメNEWS 五選

    eclat3月号では、素材を引き立てるシンプルな味付けが魅力の『荒木町 たつや』、九州の食材の魅力を最大限に引き出す『リストランテ Kubotsu』、米にとことんこだわって作られた日本酒『守破離 no title.』など最新のグルメ情報五つをご紹介。

    eclat五選

    2018年2月21日

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング