50代にも欠かせない通販! そのポリシーとは…?

2017年7月1日
社会問題も勃発するほど、今や私たちの暮らしと切っても切れない関係にある通信販売。チームJマダムの96%が「よく利用している」と回答。その中身は?
チームJマダムのほとんどが通販を利用。その頻度はというと、「2週間に1回」が30%で最高。続いて「月に1回」が23%、「週に1回以上」というツワモノも13%と、日常的に通販を利用している人が多いようだ。
アクセス方法はスマホが40%、自宅パソコンが37%でほぼ半々、大多数がオンラインショッピングを活用している結果に。カタログ通販や定期購入を契約しているという人も、それぞれ10%前後いた。
「探すのが大変なものは、ネットのほうがスピーディで無駄がない」(Sさん)「遠い産地の旬のフルーツは、店頭よりお取り寄せのほうが新鮮だし安いと思う」(Mさん)「急に必要になった子どもの学用品も翌日には届くので助かってます」(Kさん)など、多くの人がオンラインショッピングの恩恵にあずかっているようだ。
アラフィー女性はいったいネット通販で何を買っているのか? チームJマダムにリサーチしたベスト5が上のグラフ。コスメやファッションが上位に。
「使うものが決まっているスキンケアコスメや健康食品、サプリメントはネットで定期購入しています」(Iさん)「私にぴったりなSサイズは店頭で売り切れるのが早いので、そんなときはネットで購入」(Yさん)。中には、「洋服は手に取って見ないと不安。実物を店頭で確かめ、買うのはカード割引が効くネット通販で」(Kさん)というしっかり者も。
ちなみに、ベスト6以下はこちら。6位 ヘルス・医療関係、7位 洗剤などドラッグストア系、8位は3つあり日常のお酒・飲料、話題のスイーツ、趣味のものがランクイン。その他、「無農薬有機野菜は通販で定期購入」(Wさん)や「コンサートチケットもオンラインで買います」(Hさん)の声も。
もしかしてもう店頭で買うものはないのでは?と思わせるほど、オンラインショッピングが当たり前になっているJマダムたち。いえいえ、実はちゃんとポリシーを持って賢く使い分けているのだ。
「洋服や靴のように試着したいものや、いくつか見比べて買いたいようなものは店頭で。すぐに欲しいものはネット通販で買っています」(Iさん)「基本はお店で。近くで売っていないものだけ通販で」(Uさん)「ふだんの食材は近所で買いますが、他府県でしか売っていない調味料やお菓子はお取り寄せ」(Yさん)「洋服は雑誌やメーカーのホームページでチェックしてから、店頭で買います」(Kさん)「品質が分かっているものは通販で手軽にリピート。贈答品は見て確かめたいので店頭で」(Yさん)

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

FEATURE
ランキング