トラベル上手なJマダム愛用!便利でおしゃれな旅名品 五選

2017年7月28日
旅好きのJマダムが実際に愛用する、おしゃれな旅の名品をリサーチ。定番名品から新名品まで、次の旅からすぐに活用したい、旅アイテムが勢ぞろい!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.色展開も豊富な、軽くて便利なソフトケース
「昨年、日本に上陸したばかりのリポーのスーツケースを、最近、購入しました。とにかく軽くて、持ち運びが便利なのが特徴。ソフトケースなので荷物の量も調整できて重宝しています。色展開も豊富です」(スタイリスト福田麻琴さん)。

(大)¥28,000・(小)¥25,000/サムソナイト・ジャパン(リポー)
2.中身がうっすら見えて便利な、薄くて丈夫な旅ポーチ
「荷物がぐちゃぐちゃになるのが苦手で、トランクの中はポーチだらけ(笑)。薄くて丈夫なエルベのポーチは、中身がうっすら見えるところが秀逸。ホテルのクロゼットにポーチごと移します」(エディター磯部安伽さん)。

ポーチ(大)各¥8,200・(小)各¥6,600/エルベ シャプリエ代官山(エルベ シャプリエ)
3.どんな服にも似合うオールブラックのリュック
「旅にはたいてい、リュックを持参します。リゾート旅でのワンピースにも、街旅でのデニムにも、このオールブラックのリュックなら合うので重宝します」(スタイリスト村山佳世子さん)。

(村山さんは25Lを愛用)。リュック(18L)¥10,000/エスビーエイ(カリマー)
4.素肌に最高に気持ちいい、オーガニックコットン
「自宅でも愛用している、オーガニックコットンのパジャマを、旅先にも常備します。バスローブもアイマスクも、素肌に触れるアイテムは、どこへ行ってもこのブランドが手放せません」(ヘア&メイクアップアーティスト佐々木貞江さん)。

トップス¥16,000・パンツ¥14,000/サロン ド ナナデェコール(ナナデェコール)
5.リゾート旅で着用したい美しい黒のインナー
「胸もとのカッティングがとても美しいハンロのキャミソールは、透け感のある服を着る機会のあるリゾート先などで活用しています。黒の服だけでなく、白の服にあえて透けさせて着るのもおすすめです」(スタイリスト森 慶子さん)。

キャミソール(カップつき)¥18,000/ワコール(ハンロ)

What's New新着記事

  • 「思い込み」を捨てると大人のジュエリー使いはもっと素敵になる! 五選

    「ジュエリーの新境地を開くには、まずは思い込みを捨ててみて」と語るのはジュエリースタイリングの第一人者・伊藤美佐季さん。「耳、首、手首の3点づけ」「パーティーのためだけのジュエリー」の思い込みを捨てれば、欲しい大人のツヤが手に入る!

    eclat五選

    2018年8月19日

  • やっぱり素敵! 50代の「同窓会ワンピース」 五選

    50代の同窓会では、一枚で即効性のある着映えワンピースが最善のチョイス。久しぶりに会うメンバーに"やっぱり素敵"と思わせるデザインを、シチュエーション別に選ぶのが正解! 座敷で恩師を囲う会や、ホテルの立食パーティで装いたいきちんとスタイルをお届けします。

    eclat五選

    2018年8月19日

  • 大人にとっての「美肌の鉄則」を小林ひろ美が指南! 五選

    「今のエクラ世代は、若いときからいろんな美容を試してきた世代。知識はあるのですが、その「なんでも知っている」という自信が逆に思い込みを招いたり、きれいのリニューアルを妨げていることも」と話す、美容家の小林ひろ美さん。不要なものを捨て、肌をめぐらせ、必要なものを取り込む。スキンケアの「いる」美容はいたってシンプル。特別なケアは必要なく、基本はこの3本柱。続けることで美肌力は高まる!

    eclat五選

    2018年8月18日

  • 頼れる「美パンプス」は、この一足! 五選

    若いころのように、ハイヒールで一日中仕事をすることができないアラフィー女性のために、履き心地抜群でしかもデザイン性にも優れた、才色兼備な逸品をピックアップ!「パンプスなのに走れる」と巷で噂のロックポートや、絶妙なフィット感が得られると評判の、日本人デザイナーが日本人女性のために作った靴をご紹介。

    eclat五選

    2018年8月18日

  • ベストセラー&話題の本から今の時代をズバッと読み解く! 五選

    売れた本には、時代の気分が反映されているもの。本誌書評連載でも鋭い視点でおなじみの文芸評論家・斎藤美奈子さんが、この一年の本の傾向に切り込む!

    eclat五選

    2018年8月17日

FEATURE
ランキング