それ着てどこへお出かけ?ふたりのパリジェンヌSNAP 五選

2017年8月2日
さりげなくTPOごとに着替える、そのテクニックに定評のあるパリジェンヌ。今回は特におしゃれだったふたりの、シーンごとの着こなしを拝見!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.動きやすさ抜群でもほのかに
フェミニンな仕事スタイル
カタログ撮影の仕事へ向かう途中、同僚と待ち合わせ。「仕事では動きやすさが最優先です。足もとはフラットシューズかスニーカー、そしてカジュアルなパンツスタイルで走りまわっていることが多いですね」。Tシャツはアクネ、パンツと靴はステラ マッカートニー。大きなスクエアバッグはアイザック・レイナのもの。

サンドリーヌ・マセ=クラバルさん
広告会社でグラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートしたのち、ファッションを学び直し、ファッション業界でアーティスティックディレクターへ転身という真の服好き。
2.バーに立ち寄ってこれからディナー。
今の気分のオーバーサイズで
「ビッグショルダーやオーバーサイズの服が今の気分。自分の好きなトレンドを心おきなく楽しく取り入れられるのは、気の置けない友人との会食ならでは」。ドレスはステラ マッカートニー、シューズはセリーヌ、バッグはエルメス。バーでの立ち姿も、着席ディナーでも連続して映えそうな着こなし!

サンドリーヌ・マセ=クラバルさん
広告会社でグラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートしたのち、ファッションを学び直し、ファッション業界でアーティスティックディレクターへ転身という真の服好き。
3.ゴールド×ストライプで
夏らしさのある仕事スタイル
ゴールドのジュエリーを胸もとに重ねて、手もとのバングルもボリューミーに。ジュエリーはすべて自身のブランド、オーレリー・ビダーマンのもの。「今年はストライプが気分なので、今日はこのロエベのワンピースを選びました。パンツスタイルが多いですが、きちんとしたいときにはワンピースですね」。

オーレリー・ビダーマンさん
パリ生まれのジュエリーデザイナー。旅先のインドで宝石に魅せられたのをきっかけに、’04年に自身のブランドを立ち上げる。’16年末よりポアレのクリエイティブディレクターに。
4.上半身が大事なディナーでは
揺れるアクセサリーを
「友人との食事では、リラックスして会話と食事を楽しむために、服はなにより着心地のよさを優先させます。加えて食事中は上半身しか見えないので、モビールのように揺れて印象的なピアスをポイントに選びました」。ブレスレットもボリューミーに両手に重ねて、テーブルの上が華やぐように意識したそう。

オーレリー・ビダーマンさん
パリ生まれのジュエリーデザイナー。旅先のインドで宝石に魅せられたのをきっかけに、’04年に自身のブランドを立ち上げる。’16年末よりポアレのクリエイティブディレクターに。
5.ショッピングではさわやかさを
意識して軽色+ターコイズで
ターコイズのネックレスとリングに合わせて、’70年代のサンローランのカフタンチュニックとパンツのセットを。「シルクのナチュラルなエクリュカラーとターコイズの組み合わせが夏っぽく、さわやかな気分でいられます。あまりエスニックになりすぎないよう、エッジーなラインのサンダルで都会的な雰囲気を足しました」。

オーレリー・ビダーマンさん
パリ生まれのジュエリーデザイナー。旅先のインドで宝石に魅せられたのをきっかけに、’04年に自身のブランドを立ち上げる。’16年末よりポアレのクリエイティブディレクターに。

What's New新着記事

  • 目利きのプロが分析、ミラノのベーシック&モダンな着こなし 五選

    「ミラノには新旧のマダムスタイルが素敵に混在する」と話すのは、大人のセレクトショップ『ストラスブルゴ』の執行役員、植原ほのさん。今までのミラノ訪問は15年間べ約60回。「地区ごとにおしゃれのムードが変わり、ミラノマダムの存在感が再び浮き彫りになって、これからが楽しみ」という植原さんが、ミラノマダムのベーシック&モダンなスタイルを解説。

    eclat五選

    2017年8月20日

  • 豊かな香りもごちそう 日本の夏、香味野菜の夏!

    さわやかな香りとすっきりした辛味、ほろ苦さが魅力の夏の香味野菜。eclat9月号ではおもてなしにも使える香味満載の絶品レシピをご紹介。

    eclat五選

    2017年8月19日

  • 狐野扶実子さんが解説!パリジェンヌのお仕事&オフスタイル 五選

    パリ在住後、現在も年に5〜6回渡航している狐野扶実子さん。「自分を見て選ぶ」ことが日常的に身についているパリマダムたちを見て、「着たい服と似合う服は違うんだと、私にはそれがとても新鮮な発見でした。いい意味でおしゃれが自分本位。装うことを楽しむ姿勢がとても健康的で素敵です。」と話す狐野さんが、パリジェンヌのお仕事着ルールとオフスタイルを分析!

    eclat五選

    2017年8月18日

  • お盆を過ぎたら「辛口ドラマティックカーキ」 五選

    まだまだ暑い日々が続くとはいえ、どことなく秋の訪れを意識しはじめるのがお盆を過ぎた8月中旬〜下旬にかけて。夏の空気感にも秋の気配にも似合う辛口カーキで、おしゃれがむずかしい、季節の変わり目をのりきって!

    eclat五選

    2017年8月17日

  • 代々受け継がれたことや手法 “絶対に持ち帰りたい盛岡の手みやげ”

    代々受け継がれたこと、守り続けた手法が今へ、次の世代へ。eclat9月号では、思い出とともにバッグに入れて持ち帰りたい、目をかけ手をつくした端正な品々をご紹介。

    eclat五選

    2017年8月16日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
  • にゃんスタ

    大人の癒し♡インスタグラムからかわいいねこちゃん写真をお届け!

  • eclat5選

    ファッションやビューティ、ライフスタイル情報をピックアップして毎日お届け!

  • 全国津々浦々J47

    都道府県コンシェルジュやエクラトラベル班が全国のとっておきの情報を発信!

ランキング