旬のおいしいもの “食欲の秋”の見逃せないグルメNEWS 五選

2017年9月11日
ソムリエが厳選したワインと共にベトナムの味を堪能できる旬のレストランや、老舗和菓子店『空也』とコラボしたアフタヌーンティーなど秋のグルメNEWSをご紹介。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.『アンディ』
洗練されたベトナムの味を
目利きが選んだワインで

ワインテイスター&ソムリエ・大越基裕さんがベトナム料理とワインのお店をオープン。ベトナム料理は食材の味が生きたシンプルな味わい。フランスの影響も受けているせいか、ワインがすっと馴染む。メニューには、生春巻きや土鍋料理など郷土の味に加え、「鱧のフリット ベトナム醤油と中国山椒」といったオリジナル料理も。「パリやハワイにあるようなベトナム料理店の味をイメージしていただければ」と新城桃子店長。ここではコース料理とドリンクペアリングを楽しんでほしい。ワインは世界のトレンドを踏まえ、クリーンでナチュラルにつくられたものをセレクト。高知県産無農薬レモンでつくった自家製レモンサワーや日本酒も。ワインの目利きが作り上げたモダンベトナミーズ、注目したい。

「10種のハーブ&野菜 エビの生春巻き」¥1,000 当日に届くハーブと隠し味の柴漬けがアクセント。

東京都渋谷区神宮前3の42の12 1F ☎03・6447・5447 
営18:00 〜 23:00LO (土・日曜のみランチ営業11:30~14:00LO) 休月曜 コース¥5,900 ドリンクペアリング¥4,900
2.『「賀茂鶴」広島錦』
100周年を記念して生まれたこだわりの酒

日本三大銘醸地「広島・西条」を代表する酒蔵『賀茂鶴』。来年の法人設立100周年を記念して、今年、広島の素材にこだわった新しいお酒を発表した。幻の酒米・広島錦を復活させ、賀茂鶴酵母を使用。豊かな緑に囲まれ、ミネラルを含んだ軟水・賀茂系伏流水により、口当たり柔らかいお酒に。純米大吟醸は全国の取扱店で10月に発売予定。

720ml ¥5,400 ℡082-422-2121
3.『UN GRAIN』
風味豊かな瓶詰めコンフィチュール・
コンポート・ポシェが発売

ミニャルディーズで人気の菓子店「UN GRAIN」から、コンフィチュール・コンポート・ポシェが発売。「ミニョン」(桃のコンポート)、「デビュ デテ」(苺とグロゼイユ・ミントのコンフィチュール)、「ポシェ・カシス」など全部で6種類。アイスクリームやヨーグルトにかけたり、炭酸水で割ったり…。日常にちょっとした贅沢な気分を添えてくれる。

¥500 ~ ℡03-5778-6161
4.『「ピエール・エルメ・パリ」Infinimentシリーズ』
9種類の素材をクローズアップ

毎月特定のフレーバーにクローズアップするフェティッシュ。9月はヴァニラ、ジャスミン、シトロン、ショコラなど9種類の素材を核にするアンフィニマンシリーズ。それぞれの果肉、果皮、果汁すべてを使ってマカロンやタルト、焼き菓子などに展開。素材がもつ甘味、酸味、苦味などすべての味わいが堪能できる詩情あふれるレシピをこの機会にぜひ。

℡03-5485-7766
5.『パリスホテル東京』
「空也」とコラボしたアフタヌーンティが誕生

明治17年創業の老舗和菓子店「空也」5代目の山口彦之氏とパレスホテル東京がコラボレーションした「アフタヌーンティ~まるさんかくしかく~」を、9月1日~ 11月30日の期間限定で提供。禅の思想を描き出すときに用いられる”まるさんかくしかく”をテーマに、和菓子やスイーツを3段重に仕上げた。1階ロビーラウンジ「ザ パレス ラウンジ」の気持ちいい空間で、和洋折衷を越えた新しい可能性を感じさせるアフタヌーンティをぜひ。

1段目はひよこ豆やダークチョコレート、柑橘系フルーツなど洋の素材を使ったさまざまなあんを楽しめる“まる”の重。2段目は稲荷寿司やサンドウィッチなどを詰めた“さんかく”の重。3段目は紫蘇や柚子など和の素材を洋のスイーツに仕上げた“しかく”の重。別の段には「空也もなか」も!

東京都千代田区丸の内1の1の1 
1Fロビーラウンジ「ザ パレス ラウンジ」 tel03-3211-5309 1名¥4,600 グラスシャンパンつき¥6,600(税込・サ別) 9月1日~ 11月30日

What's New新着記事

  • 隠れ家の趣き タイ チェンマイのラーンナースタイルホテル 5選

    東南アジアで一番人気を誇る観光国タイは、4つの地域に分けられる。ビーチリゾートに恵まれた南部タイ、首都バンコクを含む中部タイ、イーサンと呼ばれる東北部タイ、そしてチェンマイを中心とする北部タイ。クメールやモン文化の影響を受けている他の3つの地域とは異なり、北部タイには13世紀末から16世紀の中頃まで断続的に続いたラーンナー王朝の影響が色濃く残されている。ラーンナー王朝は、チェンマイを首都に定め、豊かな土壌に恵まれて米作が盛んになり、仏教を信仰して多くの寺院を建立した。なだらかなカーブを描く大きな屋根を特徴とする寺院建築や、独特のテキスタイル、クラフトなど、その総称がラーンナー文化と呼ばれている。1995年、このラーンナースタイルの寺院建築をホテルデザインに取り入れたフォーシーズンズ チェンマイがオープン。これが起爆剤となり、次々にラーンナースタイルのホテルや、西洋建築と融合したラーンナーコロニアルのホテルが誕生した。いまやその数50軒を越えるが、そのなかから、隠れ家の趣きがある、ゲストたちに好評な5軒をセレクトした。

    eclat五選

    2018年1月15日

  • 品格小物と美脚靴でワンランク上の装い、今夜はデニムでレストラン 五選

    デニムがファッションとしての地位を確立した今、ドレスアップする場面でもデニムが市民権を獲得。デニムをはきこなしてきたエクラ世代だからこそ楽しめる、きちんと感とこなれ感のある大人な上質コーディネートで、さあ、レストランへ出かけよう!

    eclat五選

    2018年1月15日

  • パリ&ミラノマダムたちは、パワーのある「赤」に夢中だった! 五選

    2017年は、バッグで「赤」を取り入れていたヨーロッパマダムたち。この冬は主役級アイテムで、よりパワフルな「赤」が好まれている傾向に。「赤」の効力でさらにおしゃれが加速中!

    eclat五選

    2018年1月13日

  • お箸がとまらない! ワタナベマキさんが教える、香りでメリハリをきかせた和の「香り鍋」五選

    スープはシンプルな味付けにして、香味野菜や柑橘類の香りでメリハリをきかせるのが今どきの“香り鍋”。eclat2月号では料理家のワタナベマキさんがレモン鍋・梅干し鍋・柚子こしょうすき焼き・柑橘鍋・塩鍋の作り方をご紹介。

    eclat五選

    2018年1月12日

  • 女らしさが際立つ、大人の個性派ウォッチ 五選

    今、注目するなら、女らしさをきわだたせる時計。文字どおりの"フェミニンさ"だけでなく、女性が身につけることでつややかに見える名品も存在する。大人っぽく時計を装いたいなら、ベルトと文字盤が同系色のワントーン。「女らしさ」の大本命には、小さく上質なダイヤモンドウォッチなど、とっておきの美時計を厳選!

    eclat五選

    2018年1月11日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング