辛口ドラマティック時代は"色"に注目! 五選

2017年9月12日
辛口の装いにドラマを添える、簡単にして確実なテクニックは色のパワーを借りること。この秋のトレンドには印象的なカラーがいくつも。スパイシーに効くドラマティックな色をラインナップ。

5.DUSTY BLUE(ダスティブルー)

グレーをひとさじ加えたブルーは、明るいのに軽くない!

ロングカーディガンでリラックスムードに色を添えて

きれい色ではなく深みのあるその奥行きに、ドラマが宿る。ブルーもトーンを抑えて大人の味わいにシフト。さらりと全身を包むロングカーディガンで色を印象的に装って。ふわふわと柔らかな素材とクールな色の組み合わせの、小さなギャップがいい。
カーディガン(共布ベルトつき・10月展開予定)¥21,000/JET ルミネ新宿店 ルミネ2(ジェット ニューヨーク) ブラウス¥32,000/サザビーリーグ(エキップモン) パンツ¥40,000(フォンデル)・靴¥35,000(チェンバー)/以上FUN Inc. バッグ¥283,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)

What's New新着記事

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 昼間のミモレワンピースは、カジュアルムードの中にさりげない女らしさを 五選

    スカートで使いやすさは実証ずみのミモレ丈。この春はさらにワンピースが充実。素材や色使い、ディテールで女らしさを取り入れた一枚なら、パートナーとのお出かけにも活躍。カジュアルムードのデイタイムには、スタイルアップのワザありデザインを選んで!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 美味しいもの好きは今、岡山に! 瀬戸内海に面した山海の幸の宝庫、岡山の食の五選

    山海の幸はもちろん、農作物も豊富にして上質。そんな岡山を訪れる人が今、増えている。お目当ては料理、そしてその先にあるつくり手や美しい自然……。東京から新幹線で3時間あまり、関西からなら1時間。目ざす価値のある「岡山の食」をeclat 3月号でご紹介。

    eclat五選

    2018年2月15日

  • 結論!大人スニーカーで頼れるのは「スタンスミスの白」 五選

    トレンドに左右されない定番であり、カジュアルが苦手な人でも履きこなせるスニーカーを考えたとき、行きついたのはこの1足。「スタンスミス」は伝説のテニス選手、スタン・スミスをたたえるべく、1973年に命名。今やファッション界からの注目度もNo.1、有名ブランドとのコラボも多数。クリーンな白レザーとスマートなフォルムは「カジュアルすぎず、大人の着こなしにハマる!」と評判!

    eclat五選

    2018年2月13日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング