タイビーチのビーチを楽しむ、離島のホテル5選(リペ/クラダン/サメット/パンガン/チャン) 

リゾート写真家、増島 実の、本当におすすめしたいホテル タイ編

白砂のビーチに拡がる蒼い海、居心地のいいホテル。タヒチやモルジブにも、ひけをとらないパラダイスが、タイのアンダマン海やシャム湾に点在する小さな島々のリゾートだ。あまりにも海がきれいなので、それだけで、心も体もリフレッシュ。日本からの直行便はないが、コネクションもよくなってきているし、離島のホテルはコストパフォーマスがいいので、おトク感がいっぱい。なかでもエクラ世代が納得できるグレードのホテルを5つセレクトしました。4泊6日以上のゆったりしたスケジュールを組んでのお出かけを、おススメ。

サイ ゲウ ビーチ リゾート(Sai Kaew Beach Resort)

タイビーチのビーチを楽しむ、離島のホテル5選(リペ/クラダン/サメット/パンガン/チャン) _4_1
タイのビーチフリークの間で、不動の人気を誇るのが、サメット島。バンコクから車で東へ約3時間、ラヨーンのバンペーピアからボートで15分と、アクセスがいいのも人気の理由。直角三角形のような形をしている島で、ターコイズブルーの海と白砂のコントラストが目に痛いほど。太陽が落ちる頃には、ビーチ沿いに軒を連ねるレストランが1㎞にも渡ってキャンドルを灯し、ロマンチックなディナータイムを演出してくれる。今日はどこのテーブルにしようかなあと、吟味しながら歩くのも他の島にはない楽しみ。宿泊先でおススメなのは、リーズナブルで設備も新しいサイゲウ ビーチリゾート。客室のカテゴリーは、プレミア ルーム、ヴィラ、プールサイドヴィラなどがあるが、プレミア ルームでも十分楽しめる。ウエッブでホテルのホームページを探すと、ボートの送迎や朝食、バンコクなどから車で来た場合の港の駐車料金なども含まれているパッケージがあるので、なかなかおトク。
タイビーチのビーチを楽しむ、離島のホテル5選(リペ/クラダン/サメット/パンガン/チャン) _4_2-1

1/6

タイビーチのビーチを楽しむ、離島のホテル5選(リペ/クラダン/サメット/パンガン/チャン) _4_2-2

2/6

タイビーチのビーチを楽しむ、離島のホテル5選(リペ/クラダン/サメット/パンガン/チャン) _4_2-3

3/6

タイビーチのビーチを楽しむ、離島のホテル5選(リペ/クラダン/サメット/パンガン/チャン) _4_2-4

4/6

タイビーチのビーチを楽しむ、離島のホテル5選(リペ/クラダン/サメット/パンガン/チャン) _4_2-5

5/6

タイビーチのビーチを楽しむ、離島のホテル5選(リペ/クラダン/サメット/パンガン/チャン) _4_2-6

6/6

サメット島のメジャービーチ、白いパラソルは、サイ ゲウ ビーチ リゾート専用のエリア、左手の丘に登るとビーチ全体や遠くの海まで見渡せる。
ライトアップがされたプールサイドヴィラ。全6部屋54㎡と広く、専用プールもある。このカテゴリーの凝ったデザインは離島のホテルとは思えない斬新なもの。
ウェルネス センターは6室もトリートメント ルームがあり、離島ホテルとしては立派な設備。コーヒー スクラブがついたトリート メント パッケージ 2時間 3000バーツ(約1万円)が、おススメ。
カラフルなクッションが置かれたロビーは、プーケットやサムイのリゾートにもひけをとらない凝った造り。チェックインの時も帰りも、スタッフがスーツケースを抱えて、さくさくとボート乗り場まで運んでくれる。
ホテル前の白砂のビーチは、乾季には内外の観光客で賑わっている。日本人も時々見かけるが、殆どがバンコク駐在のファミリーで車を利用している。最近のタイは高速道路が地方まで整備され、離島に行く港までのアクセスは、驚くほどよくなってきている。
45㎡のプレミア ルームエリア。週末は、バンコクからの家族連れで賑わう。プールに張り出している建物はフィットネスジムで、利用者は欧米人が多いとのこと。
Sai Kaew Beach Resort
8/1 Moo 4, Tumbol Phe, Amphur Mueng, Rayong 21160
http://www.samedresorts.com/saikaew/index.html
全158室 \14,636~(料金は最安値の一例です)
U TAPAO International Airportより約52km

What's New

Feature
Ranking