レイコ・ローラン、ブログを始めました!

2018年1月12日
〜エクラ1月号で毎年、占いを執筆しているレイコ・ローランが今年より、ブログをスタートすることにしました。エクラ限定で、占いのあれこれについて、語っていきます!〜
こんにちは、レイコ・ローランです。

今年はこのブログで、星の動きにまつわるタイムリーな話、ピンポイントレクチャー、私個人の経験やエピソードについて、時々語って行きたいと思います! どうぞよろしくお願いいたします。

先日は私の誕生日(1月6日)でした。
そう、私は山羊座生まれです。(ついでにエクラ世代の戌年です!というと、もう年齢が丸わかりですが笑)
読者の方にも山羊座のかたは、または身近な家族や友人にいらっしゃるのではないでしょうか。

山羊座はとにかく「真面目」「地味」ということを言われる星です。
(私もどう見えるかは置いておいて、根は本当に真面目です!)

年末年始にいくつかの占い記事をご覧になったかたは「土星が山羊座に入ったので・・」というような文章も、目にしたかもしれません。そう、昨年12月20日頃に、土星が射手座からお隣の星座、山羊座に移動しました。2年〜2年半に一度、星座の位置を変える(というのは、土星は27年かけて12星座を巡るからですね。多少、誤差はあるのですが単純に27➗12というわけです)土星の移動です。

こういう動きの遅い星が、居場所である星座を変えると、世の中のムードも変わると言われます。これから2年ちょっとは、いわば「山羊座っぽい」ことが、静かなムードやブームとして世の中の背景となるかもしれません。

山羊座は骨組みの完璧さを求める星座です。

古き良きものをとことん大事にする一方で、使えないものは容赦無く切り捨てていこうという強い意志もあります。いわば断捨離、再構築、システム替えが大好きです。より使えるシステム、環境作りを目指して行こうとします。
愚直に、貪欲に、あるいは見えないところで地味に。

そんな山羊座に土星が映るわけですから、これから2年半ぐらいは、「中身が伴っているかどうか」「使えるシステムなのかどうか」といった、ある意味正当な評価(ともすると固苦しいかもですが)が、世の中でもっとも幅を効かせるのかもしれません。

書店では「実用書が売れている」というのもその一つの表れかなと思ったりします。
いかに使えるかどうか、がものを買う基準になっているわけです。
かといって、実用でないものは受けないのかというと、そうでもない。実用とは程遠い存在の、例えばアートであっても、技が整っている、完璧な美しさがある、極めている・・といったものには賞賛が集まりやすい。使えるか、意味があるか、またはカンペキ!かどうか。それが世の中の価値基準として今まで以上に強くなりそうです。

その世の中のムードには全員が影響を受けるわけですが、中でもそれを自分ごととして感じやすいのは、やはり山羊座の人かもしれません。

私がこうしてブログを始めるのも、山羊座ならではの真面目さ、責任感からかも笑?
もちろんそれもあるのかもしれませんが、占いそのものの「仕組み」。「実はこうなっているんだよ」ということを、読者の方に「へえ、そういうこともあるのか」と楽しんでもらえたらと切に思うからです。

「骨組み」「仕組み」を考えること。実用化を考えることが大好きな山羊座です。

そんなわけで、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

What's New新着記事

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング