下側はどこまで広げる? チークの“ここがわからない”を解決⑤【50代のお悩み】

2018年4月18日
eclat5月号では、どうすれば自然に美しく入れられるかをキメ細かく解説。今回は下側をどこまで広げるかを設計図つきでていねいにご紹介。中央が自然に濃く、周りが淡くグラデーションになるような入れかたを説明。

ここが迷子 下側はどこまで広げる?

上側に置いた点に重ねるように3点置く

下側は、小鼻の下ラインよりも下側にはみ出すとたるみを強調するので注意。「ここが迷子3・4」で置いた点とそれぞれ重なるように、内側から外側に3点ポンポンと置く。ここでもチークをつけ足さない。中央が濃く、周囲が淡い自然なグラデーションになる。
教えてくれたのは…

広瀬あつこさん
ヘア&メイクアップアーティスト。その人自身の美しさを最大限に引き出すセンスと緻密なテクニックで、各メディアで引っぱりだこ。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング