たったこれだけでいい! 座りすぎを解消する日常生活の心がけ【50代のお悩み】

2018年5月21日
“座りすぎ”に陥りやすいのは、生活が便利になったことの裏返し。座りすぎを解消する日常生活の心がけを7つをご紹介。

たったこれだけで、いいんです!

日常生活の心がけで、座りすぎを解消!

教えてくれたのは…
早稲田大学
スポーツ科学学術院教授
岡浩一朗先生
専門は健康行動科学、行動疫学。運動不足の弊害およびその解消方法を研究テーマとする。欧米で盛んな「座りすぎ」による健康リスク研究の第一人者で、什器開発やオフィス環境のプロデュースでも活躍。著書に『長生きしたければ座りすぎをやめなさい』など。

【鉄則1】長時間座る際は、30分おき(または1時間おき)にブレイクを入れる

簡単なようだが、座ることに慣れた身には、意外にむずかしい。まずは、自身の生活環境で、立つきっかけにできることをリストアップ。最低でも1時間おきくらいに実行しよう。あまりにも忘れてしまうなら、タイマーを利用するのも手。Apple Watchのアクティビティ機能の「スタンド」は、50分おきに立つことを促してくれる。

座る・立つを取り入れるアイデア

1/7

2/7

3/7

4/7

5/7

6/7

7/7

モノの配置は少し不便なくらいが◎

危険なのは、ソファに座ったまますべてがまかなえる状態。よく使うものほど、少し不便なくらいの位置に。
家電はできるだけ本体操作を心がけて

細かい操作はリモコン頼みの時代だが、立ち上がる回数を増やすなら、昔のように本体での操作を取り入れて。
見ているテレビ番組がCM に入ったら立つ

テレビの前に座る時間が長い人向き。録画視聴派も、「飛ばす!」のではなく、立ち上がる機会として有効活用を。
ブレイクの相棒として犬を飼う

家で過ごす時間が長く、座りがちな人におすすめ。かわいいワンコは、立つ、歩くのモチベーションとしては最強クラス。
ひとつ違う階のお手洗いを利用する

どうせ立つ機会なら、少し負荷を多めに。脚をしっかり使う、階段の上り下りが入るのがミソ。観劇の休憩などでも有効。
かかってきた電話を受けるときは必ず立つ

長時間の座りっぱなし解消のきっかけとして取り入れやすい。在席かどうかや、行動予定表の確認もしやすくなるかも。
Column
岡先生は、どうしてますか?

聞いてみると、「実は通勤中、座れれば座ってます」と驚きの答えが。「駅から大学まではちょっと遠いのですが、そこは歩いています。出勤後は立っている時間が多いですね。研究室もスタンディングデスクを導入しています」。電車内は"ひとりの時間" として有効活用し、集中して論文や本などを読む時間にあてているそう。要は、電車なら必ず立つというのではなく、個々の生活に合わせてメリハリをつけることが大事なのだ。

What's New新着記事

  • お財布はいらない!? キャッシュレス化のメリット【お金の未来予想図】

    仮想通貨に電子マネー、QRコード決済など、ここ数年で新しいマネー用語がいくつも飛び交い、話題になっています。テクノロジーの急速な発展でお金の世界は大変革期! 東京オリンピックを機に普及が広まってきているキャッシュレス化で、近い将来、お財布いらずの生活になる可能性も!

    50代のお悩み

    2018年11月13日

  • すでに世界で大流通! “仮想通貨”が世界の主要通貨に!?【お金の未来予想図】

    仮想通貨に電子マネー、QRコード決済など、ここ数年で新しいマネー用語がいくつも飛び交い、話題になっています。テクノロジーの急速な発展でお金の世界は大変革期! その象徴ともいえる“仮想通貨”について、基礎知識をお金のプロがお教えします。

    50代のお悩み

    2018年11月12日

  • あなたは何が足りていない? 「新型栄養失調」チェックテスト

    よく食べて、運動もしているのに、何となく体調不良…。その原因は、昨今急増中の「新型栄養失調」かも。20のチェック項目から、あなたに不足している栄養素と改善法を詳しくご紹介!

    50代のお悩み

    2018年11月9日

  • 体調不良の原因は「新型栄養失調」!? 忍び寄る栄養の落とし穴とは

    毎日気を使っているつもりでも、実は潜んでいる栄養の落とし穴。昨今急増中の新型栄養失調が、すでにあなたにも忍び寄っているかも!? 「栄養は決して裏切らない、人生の最後のパートナー」と話す専門家が、心身から健康で美しくあるための食生活改善法をアドバイス。

    50代のお悩み

    2018年11月7日

  • 定年後の支出はどうカバーする!? お金問題【夫の定年】

    アラフィー女性100人に“夫の定年”に関するアンケートを実施。そこには「いろんな意味で不安」という声が多い反面、「忙しくてできなかったことに、一緒に挑戦したい」といった夢と希望に胸を膨らませる人もいるなど実に様々な意見が! 夫の定年後は収入が減る分をどうカバーするか、シニアのマネーライフに精通するプロが定年後の支出と収入の例を元にアドバイス!

    50代のお悩み

    2018年10月31日

FEATURE
ランキング