粋筋の人から支持されるはんなりとした色使いと柄 ゑり萬

2016年9月27日
京都の文化を支える職人技の仕事には、ハイブランドにも負けない美意識と存在感が。eclat世代こそ持っていたい逸品が手に入る京の名店をご紹介。
万寿菊と楓の柄の風呂敷。名前を入れればより愛着が増す。大¥35,000~、中¥25,000~、小¥12,000~

たしなみの風呂敷

和装にかぎらず、バッグにもしのばせておくと、出先でものを包んだり、バッグの中をさりげなく隠したりとなにかと重宝する風呂敷。もし一点持つとすれば、やはり正絹。美しい光沢、包んだときの美しさは別格だ。縄手通りに看板だけをあげるここ『ゑり萬』は染めのきものと和小物ひととおりを扱い、風呂敷は白生地から加工し、独特の染めの色が特徴。派手な色合いのものから洋服にも合わせやすい落ち着いた色合いのものまでそろえ、サイズは3種。花や楓を模(かたど)った絞り模様がなんとも品よく、愛らしい。大人のたしなみとしてそろえておきたい。
  • 古いきものの絞りはしぼの向きや大きさが統一され、より美しい
  • 商品の陳列はなく、希望を伝えるといろいろ見せてくれる
☎075・525・0529 
京都市東山区縄手通新橋角
9:30~18:00 ㊡日曜、祝日不定休(営業する場合は12:00〜17:00)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング