大人をわくわくさせる、最新グルメ&ホテルNEWS 五選

2018年6月20日
最旬グルメや話題のホテル情報が揃い踏み! エクラ世代おすすめの旬情報をたっぷりお届けします。

1.銀座鮨のホープが6丁目に満を持して登場!

『鮨杉澤』

名店『鮨青木』で17年間修業した杉澤敬吾さんが独立。銀座6丁目に店を構えた。カウンター8席の小体なお店に入れば、白木のカウンターのすがすがしさが目にまぶしい。大学を卒業後、『鮨青木』に入り、上品で流麗な鮨のスタイルを受け継いだ。自分のお店では「旬の魚と時季の野菜を楽しんでもらいたい」と、旬の野菜を使ったおつまみを数品用意している。例えば、初夏のアジのたたき(写真)。みょうがや芽ねぎ、大葉、ごまなど、薬味をたっぷりたっぷり添えている。また、ゆでた白と緑のアスパラガスを取り合わせたさりげないひと皿の上品な味わい。今のところ、築地での仕入れ先は師匠と同じ。ねたの質の高さはお墨付きだ。柔らかい人柄に、女性客ひとりでも安心。まずランチで試してみては。

1/3

2/3

3/3

師匠譲りの華麗なマグロの握り。初夏においしいキスと。寿司めしは砂糖少なめでキリリと
漬けたアジに、たっぷりの薬味をよく混ぜて。シンプルだが、アジのうま味が立ち上る
兄弟子の開業時と同じ職人さんに店内を任せた。すっきりすがすがしい空気感
東京都中央区銀座6の3の15 昭和イーティングビル2F
☎03・6274・6566 12:00〜14:00、17:00〜22:00 ㊡日曜 昼¥3,000〜。夜¥15,000(握りのみ)、¥20,000〜(おまかせ)、お好みあり

What's New新着記事

FEATURE
ランキング