とっておきのレストランから手土産まで 秋の最旬グルメ情報五選

2016年10月5日
エクラ世代の女性におすすめしたい、話題のレストランやワンランク上の手土産など、eclat11月号に掲載中の旬のグルメ情報をご紹介。

2.秋の嵐山ならではの味覚を『翠嵐 ラグジュアリーコレクション ホテル 京都』

保津川沿いの紅葉を眺めながらの秋宴は贅沢の極み
去年オープンしたばかりの、嵐山の絶景を眺めることができるラグジュアリーホテル。レストラン『京 翠嵐』では9月1日~10月31日の間、初秋の美味を堪能できるメニューを展開。この時期は、夏の名残、秋の先取りから旬のものまで、自然の移ろいを美しくおいしく感じられる季節。和食の技術とフレンチの美意識を融合させたメニューは、小さな驚きと感動の連続。築100年以上の趣(おもむき)のある邸宅で、秋の訪れをしっとりと味わいたい。
  • 趣のある建物の中で、嵐山の秋の訪れを感じたい
  • 脂ののった戻り鰹を藁(わら)で燻(いぶ)したもの。香りとともにどうぞ
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12
☎075・872・1555(レストラン)
ディナー会席「錦繍」¥21,000

What's New新着記事

FEATURE
ランキング