“透明の引き上げライン”で作る!老けないためのコンシーラーでシェーディング【リフトアップメイク】

2018年7月17日
「たるみをごまかそうとしてシェーディングを入れると、むしろ影が強調されて疲れて見えがち。日本人の肌になじむイエローのコンシーラーで口端から耳にむけて一本のラインを入れてなじませると、リフトアップするうえに、下半顔の凹凸の影や赤み、くすみが消えます」とヘア&メイクアップアーティストの中野明海さん。その魔法のようなテクニックをプロセスでご紹介。

Face(フェイス)

“一本の魔法の線でがらりと変わる!透明の引き上げラインを入れる”

「顔に凹凸やたるみの影があるぶん、たるみをごまかそうとしてシェーディングを入れると影が強調され疲れて見えるのが大人の顔。引き上げつつ小顔に見せたいなら、日本人の肌になじむイエローのコンシーラーで口端から耳にむけて一本のラインを入れてなじませるのが効果絶大! 人の目って不思議なもので、暗い部分には目がいくけれど、明るい色は気づかないんです。透明の引き上げテープをはったように、瞬時にリフトするうえに、下半顔の凹凸の影や赤みやくすみが消えて美肌効果までありますよ」

肌になりきるイエローコンシーラー

「白っぽさや赤み、パール系のツヤがあるものはNG ! 入れたことが悟られない、のばすと肌と一体化する黄みカラーをチョイスして」。(右から)SPF50+・PA+++ キャンメイク カラースティック モイストラスティングカバー No.5 ¥580 /井田ラボラトリーズ アドバンスド スムージングコンシーラー YE ¥3,500/THREE コンシーラースティック 1218 ¥2,900 /ナーズ ジャパン

1/4

2/4

3/4

4/4

【Point】
メイクの最後に黄色のコンシーラーを両頰に入れ、上下にぼかせば、透明な引き上げラインに。
口角の下からこめかみに向かって目じりの水平あたりまで、一本のラインを引いていく。
コンシーラーをぼかすように、指の腹で軽く下に向かってなじませていく。
小鼻の下まで頰の赤みが広がっていると、顔が下がって見える要因。頰下方向もぼかして。
教えてくれたのは…
ヘア&メイクアップアーティスト 中野明海さん
卓越したセンスとメイクテクニックで、女優やトップアーティストから指名が絶えない。自身も引き上げメイクテクを駆使し、エイジレスな美をキープ。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング