地元客が足繁く通うシンプル&遊び心ある一品 押小路 悠貴

2016年10月14日
eclat10月号では京都特集を掲載中。いま、京都通の間で注目されている、実力派の料理人が切り盛りするお店で食べるべき和食&スイーツを厳選。この一皿を目的に京都を訪ねる価値あり!
鮑の軟らか煮、ウニ、焼き茄子を燻製塩で味わう秋の炊き合わせ。¥2,500
 女性好みの料理が評判の『京料理藤本』が、飲食店激戦区の御所南エリアで始めたカウンターの店。「本店はコースだけですが、こちらは単品で好きなものを好きなだけ味わっていただけます。どんなニーズにもお応えできる、利口で使い勝手のよいお店でありたい」と、ご主人の藤本貴士さん。
 旬のものをストレートに味わう造りや焼き物、食材の贅沢な組み合わせを楽しむ炊き合わせなどに遊び心のあるオリジナルメニューを加え、目移り必至の50品ほどを常時そろえる。「週に数回いらっしゃるかたもいます。なかには“鱧松バーガー”と揚げた小いもとビール、飲んだ帰りにすっぽんラーメンを召し上がって締めにするかたなど、地元のお客さまはいろいろな楽しみ方をされています」と話すのは、店を任されている徳丸喬大さん。観光客もスタイルを気にせず楽しめる、懐の深さがうれしい。
  • 「黒毛和牛のローストビーフ」¥1,800
  • 黄身酢ソースがかかる「鱧と松茸のバーガー」¥1,200
☎075・231・2508
京都市中京区押小路通寺町西入ル亀屋町406
18:00~23:00(LO)
㊡水曜、月の最終火曜
カウンター10席 カード不可
予約をおすすめ 一品料理中心

What's New新着記事

FEATURE
ランキング