大人にとっての「美肌の鉄則」を小林ひろ美が指南! 五選

2018年8月18日
「今のエクラ世代は、若いときからいろんな美容を試してきた世代。知識はあるのですが、その「なんでも知っている」という自信が逆に思い込みを招いたり、きれいのリニューアルを妨げていることも」と話す、美容家の小林ひろ美さん。不要なものを捨て、肌をめぐらせ、必要なものを取り込む。スキンケアの「いる」美容はいたってシンプル。特別なケアは必要なく、基本はこの3本柱。続けることで美肌力は高まる!
美容家・小林ひろ美さん
豊富な知識、経験から生み出される、効果的かつ効率的な美容提案で大人気に。テレビや雑誌で活躍するほか、商品開発などにも携わる。長年実践してきた美容法によってつくられた超美肌が、大きな説得力となり、大人の女性にもファン多数。美・ファイン研究所主宰。

1."落とし物"にはお金をかけて!大人肌は「どう落とすか」で値段以上の差が開くから

どうせ流してしまうからと、クレンジングや洗顔などの「落とし物」は安くすませるという人は多い。「若いときはリセット力があるので、サッと落としても大丈夫ですが、大人は落としたあとの肌コンディションに響きます。つまりその後のスキンケアのスタートラインが変わってくる。毎日のことだから、落とし物こそ、保湿成分や泡立ちなど細かい部分にこだわり、ダメージを最小限に。値段以上の見返りはあるはずです」。

1/2

2/2

大人のクレンジングは、クリームかミルクタイプが最適。「手のひらにクレンジングをとり、肌をなでるようにして優しく落とします。目のまわりや口のまわりは、力の入りにくい中指を使って、小鳥の頭をなでるように。『若くいたい』と思う部分こそ、力を入れず、優しく落とすことがポイントです」。
潤い成分配合のクレンジング。(右)クレ・ド・ポー ボーテ クレームデマキアント 125g ¥6,000/資生堂インターナショナル (左)トリートメント クレンジング ミルク 200g ¥3,000/カバーマーク

What's New新着記事

  • 料理家・冷水希三子さんの〝香り豊かな、和み鍋〟 五選

    香草やスパイス、和の薬味使いに、目からウロコのアイデアが満載。「シンプルな鍋も、スパイシーな辛味やさわやかな香りなどで目新しい味わいに。最後のスープまでおいしくいただけることを心がけています」(冷水さん)。冷水さんのセルフスタイリングでご紹介。

    eclat五選

    2019年2月19日

  • この春、ワードローブに加えたい。こなれ見えする新デニムは「グレー」 五選

    ブラックに近い濃いめから、ウォッシュ加工を施した明るい色みまで豊富にそろうグレーは、きれい色やフェミニンなトップスと合わせやすく、ほどよく抜け感も演出してくれる、大人が頼れる本命カラー。

    eclat五選

    2019年2月19日

  • 進化したコスメでスキンケア方法を更新。"エイジング乾燥"にSTOPを! 五選

    潤しても、潤しても、肌がカサつく。メイクがのらないばかりか、しわ、たるみ、くすみも悪化してきて焦りを感じているエクラ世代も多いはず。それはこれまで経験のある越冬の乾燥肌ではなく、アラフィーの肌に起こる特有の"エイジング乾燥"。今までと同じコスメ選び&お手入れをしていたら、"エイジング乾燥"はすすむ一方。空気がカラッカラの今だからこそ、速やかにスキンケア方法をアップデート! "エイジング乾燥"をこじらせないばかりか若いころの潤いハリ肌を取り戻し、自信を回復するチャンス!

    eclat五選

    2019年2月18日

  • 「トーン」「テイスト」「ブランド」の基準で選ぶ、大人のピンク 五選

    本格的な寒さは続くけれど、ダークカラーの重い装いには少し飽きてくるころ。そんな日には、今すぐ楽しめる「色」から春を先取りしてみては。なかでも、今季は思わず「着てみたい!」と心ときめくピンクが大豊作! エクラ世代にこそ似合う、上手な選び方のコツをつかんで。

    eclat五選

    2019年2月15日

  • 2〜3品の素材で作るシンプル鍋! 料理家ウー・ウェンさんの究極レシピ 五選

    「家庭のごはん作りでは、味はもちろん、栄養価も大切。鍋なら、タンパク質に野菜2〜3種類を組み合わせれば完璧ですね」(ウーさん)。食材の味ひとつひとつがきわだち、食材から出るだしの味でおいしく仕上がる。

    eclat五選

    2019年2月15日

FEATURE
ランキング