チーズ&デミグラスソースがたまらない! やみつきになる「トンカツゴルゴンゾーラ」【京都、あの店のあの一品】

2018年9月10日
あのときあの人と食べたあの料理…。京都には忘れられない味の思い出があるもの。ふと思い出して恋しくなり、また食べに足を運びたくなる、“あの店のあの一品”をご紹介。流れ出るチーズとデミグラスソースが濃厚なプチレストランないとうの「トンカツゴルゴンゾーラ」は、一度食べたらやみつきに!
藤本容子さん(ライター)の“あの一品”

プチレストランないとうの 「トンカツゴルゴンゾーラ」

誰もが大好きな洋食を、選びぬいた素材と確かな技で極上のひと皿にアップグレード。昼は気軽なセットを中心に、夜は素材合わせやソース使いもそそられる季節の一品を織り交ぜて供される。「メインはがっつりと洋食なんですが、春はたけのこ、夏は鱧など、和食のような前菜が登場したり、白ワインがすすみます。手入れの行き届いた町家も京都に来た!という気持ちを盛り上げてくれます」(藤本さん)。夜のコースでは20種類以上からメインを選べるが、なかでも人気は脂身までおいしい養老豚のトンカツ。「油は食材のひとつ」と、店主の内藤毅彦さん。上質な菜種油を使い、こまめに取り替えることで、コースの最後に登場したロースカツも気がつけば完食。胃もたれの心配も無用だ。

1/4

2/4

3/4

4/4

「ナイフを入れるとゴルゴンゾーラチーズが流れ出し、デミグラスソースと相まって濃厚かつクセになる味です!」(藤本さん)
突き出し2品とパン、海鮮オードブル、ポタージュ、選べるメイン、ごはんもの、デザートとコーヒーがついた夜のおまかせコース¥8,000 ~(トンカツゴルゴンゾーラを選んだ場合¥9,000) 
カウンターのほか、座敷や土蔵を改装した個室も
暖簾をくぐると細く長い石畳が続く京都らしいアプローチ
京都市中京区柳馬場通夷川上ル5の23211:30~14:00(LO)、18:00~20:00(最終入店)㊡月曜、ほか不定休あり カウンター席11席、座敷10席、個室8席 昼のみカード不可「トンカツゴルゴンゾーラ」はコースでのみ提供。ランチセット¥2,500 ~、夜のおまかせ¥8,000 ~ ☎075·211·3900

What's New新着記事

FEATURE
ランキング