大坂なおみの時代が始まる

これから少なくとも9年間は続く、彼女の時代の幕開けです!

大変なニュースが多い中、久しぶりに明るい気持ちになれたのが、
大坂なおみ選手の全米オープン制覇ではないでしょうか。

彼女の誕生日は1997年10月16日で、占星術では天秤座 。

天秤座とテニスのイメージって、じつはとても親和性があるのです。

天秤座は、12個の星座のうちの7番目。後半のトップバッターです。
12星座ストーリーからすると、最初の6つの星座までが、
どちらかというと”原始的”な星座で、個人的な性質が強い。

そして、後半の6つの星座が、どちらかというと”社会的”な星座。
他者や、社会を必要として俯瞰する性質を持っています。

その後半の、トップバッターが天秤座なのです。

個人として完成した自分の前に、もう一人の完成した他人が現れる。
そこから向き合い、対話が始まり、交渉が始まる。


あくまでもルールにのっとったうえでの試合、交渉、が始まり、うまくいけば契約が決まる。
でも、ケンカまではいかない。
あくまでも、相手が「どうかな?」ということを伺いながら、
仕掛けたり、尋ねたり、答えながら、

エレガントに距離を取りながら、真摯に”戦う”のです。

それって本当に1対1の戦いである、テニスそのもの。

同じ1対1でも、肌を合わせる格闘技のような感じではなくて、
ネットというお互いの領域を意識したうえでの、
ボールという言葉のようなものを介しての、戦い。

その天然とも取れそうな発言が人々を惹きつけていますが、
じつは天秤座の本領は、エレガンス。

若いうちはチャーミング、と形容されがちかもしれないけれども、
その本質は意外とエレガントなのではという気がしています。

おしゃれも天秤座の得意分野ですが、コートを離れた場での真っ白なドレスなど
TPOをわきまえた幅のあるおしゃれがインスタなどで話題なのも、
とても天秤座らしい。

無精とは無縁。きっと、ずっとエレガントな彼女です。


ところで、数秘術の彼女のイヤーナンバーを調べてみたら、
(2018+10+17)=1
今年が9年サイクルの中での、スタート地点をあらわす、1でした!!
1の年に始まったことは、そのまま9年くらいは続きます。


つまり、彼女が”新女王”になった。
その事実、ステータスはこれからしばらく、続いていきそうなわけです。
今年、たまたま、ポッと出の・・ラッキーな・・ではないことが証明されています。

そう考えると、ワクワクですね!

日本人らしいチャーミングさと、インターナショナルな感覚と、
エレガントなアグレッシブさと。
本当にこれからが楽しみです!


What's New新着記事

FEATURE
ランキング