【親の介護】子の役割は、“担い手”ではなく“司令塔”!【5大家族問題・解決のヒント】

2018年12月25日
50代が直面する「親の介護」「相続」「お墓の承継」「子どもとの関係」「夫婦のこれから」の5大悩みにフィーチャー。どう考え、どう行動すれば心が軽くなるのかをそれぞれの専門家がアドバイス。今回は、時間やお金、体力だけでなく“気持ちの負担”も大きい「親の介護」についてお答え。自分の家族や状況と合わせて、取り入れて。

親の介護

「子の役割は、“担い手”ではなく“司令塔”」――介護・暮らしジャーナリスト・太田差惠子さん

家族にできることもあればできないこともあります
アンケートで、特に切実な声が多かったのが、親の介護問題。「ひとりっ子同士の結婚なので、双方の親を見ないといけない」「親が遠方にいるため、通うのが大変」「きょうだいがいるものの、非協力的」「親に余裕がないので、金銭的なサポートも求められている」など、悩んでいるポイントも多岐にわたる。厳しい状況でも、「自分がなんとかしなければ」と思ってしまうのは、「家族だから」。

「『育ててくれたのだから、親孝行するのはあたりまえ』と考えている人もいれば、『世間や親から、優しい子だと思われたい』という気持ちを抱いている人もいるでしょう。ただ、昔のような大家族ではなく、核家族化した現代において、家族だけで親を介護するのは非常にむずかしいこと。2000年に、社会全体で高齢者を支える仕組みとして介護保険制度が創設されたのも、その表れのひとつ」というのは、介護の現場に20年以上携わってきた太田差惠子さん。

親の介護のために会社をやめてしまい、貧困に陥った人もいれば、自分自身が体調をくずしたり、精神的に追い詰められてしまった人もいる。また、きょうだいの仲が決裂したり、夫婦間に溝が生まれて離婚にいたったというケースもまれではない。そんなふうに“自滅”してしまうのは、親にとっても本意ではないはずだ。

「まずは、『親の介護は子どもがするべき』という思い込みを捨てましょう。『できることはするけれど、できないこともある』と、認識することも必要です。親には親の人生があるように、子どもにも子どもの人生があります。最優先すべきは、自分の生活。そのうえで、『自分にできることは何か』を、考えて。もし、親のケアができなくても、罪悪感を覚えたり、自己嫌悪に陥る必要はありません。介護サービスの種類や利用方法などの情報を収集し、親の状況に適したサービスを手配する“司令塔”になるだけでも、十分です。介護費用にしても、親のお金で賄うのが基本。そのためにも、親の懐事情を知り、介護費用を軽減する情報や制度の把握を」

親との関係しだいでは距離をおくのもアリ

親の介護が理由で、きょうだいや夫ともめる場合には、どう対処すれば?

「きょうだいがいると、等分にかかわってほしいと思いがちです。けれど、それぞれの置かれている環境や価値観は違いますし、親との関係も同じとはかぎりません。無理じいして仲違いするよりも、“最初からいなかったもの”と考えたほうが、精神的に楽なのでは?

 逆に、義理の親に対しては、実子である夫に主体的に動いてもらうのが得策。介護サービスの利用を促したり、介護費用の算段をしたりと、デリケートな問題が発生するため、義理の関係だと、こじれる危険性もあります」

 なかには、介護する親との関係に不安を抱いている人もいる。

「精神的に追い詰められてまで、親の面倒を見ることはありません。家族の歴史はそれぞれですから、親との関係によっては、距離をおかざるを得ないこともあるでしょう。そう割り切ることも、大切です」
教えてくれたのは……
おおた さえこ●『親の介護で自滅しない選択』(日本経済新聞出版社)、『親の介護には親のお金を使おう! ―あなたを救う7つの新ルール―』(集英社)など、著書多数。

50歳から考える「家族」のかたち 記事一覧

What's New新着記事

FEATURE
  • 50代のお悩み

    ファッションや美容、健康、仕事や貯蓄、老後の悩みまで50代女性のリアルな悩みをご紹介。

  • eclat5選

    ファッションやビューティ、ライフスタイル情報をピックアップして毎日お届け!

  • にゃんスタ

    大人の癒し♡インスタグラムからかわいいねこちゃん写真をお届け!

  • レイコローラン占い

    レイコローランの占いブログ始動!

ランキング