実家を今すぐ片づけた方がいい理由とは?【「実家」の片づけ問題】

2019年1月16日
気にはなるものの、親にどう促せばよいか、自分でどこまでやればいいかが分からず、先送りにしがちな「実家」の片付け。そもそも当事者にその気がないのなら、無理に片付ける必要もないのでは? しかし、専門家いわく「今すぐ始めるのが賢明」とのこと。その理由を詳しくご紹介!
実家 片付け1

1/4

実家 片付け2

2/4

実家 片付け3

3/4

実家 片付け4

4/4

祖母が亡くなったあとの片づけもできていない様子の義両親宅。遠方にあるので、なかなか手伝いにいけません。そもそも義理の関係なので、どこまで手を出していいか。(47歳・パート)
ひとり暮らしをしている父は、数年前視覚障害に。掃除がままならなくなってきたので、母の遺品は、私と妹で片づけていますが、思い出がつまったものばかりなので、処分する踏ん切りがつかなくて……。(54歳・契約社員)
最近は、元気なうちに身のまわりを整理するかたも多いと聞くけれど、実父の場合、そんな話を持ち出したら、『早く死ねということか!』と怒りだしそう。年齢を重ねるにつれ、怒りっぽくなっているのでなおさら。結局、何もいえず、今はあきらめている状態。"その時" がきたら考えるしかないかな。(52歳・主婦)
家には不要品がいっぱい。でも、何もかも片づけてしまうと、母の居場所を否定することになり、そのせいで認知症がすすむのではと心配。(57歳・鍼灸マッサージ師)

実家の片づけを、今すぐ行うべき5大理由

【Reason1】自分が年をとってからでは 体力的に実家の片づけはできない

【Reason2】親に介護が必要になった際、家が片づいていないと介護の質が落ちる

【Reason3】印鑑や登記簿など大切なものが確認できる

【Reason4】近い将来、処分費用が値上がりする可能性が大

【Reason5】空き家にしない対策としても片づけは有効

親が快適に暮らすためにも、自分のためにも早めに実行を

昔は整理整頓が行き届いていた実家なのに、最近なんだか散らかってきた。そんな状況に頭を悩ませている読者も少なくないのでは? 「片づけなければ」と思うものの、実行に移すには、さまざまなハードルが。なかでも最大の難関は、親の抵抗。不要品を捨てようとすれば、「まだ使えるのにもったいない」と反対され、整理しようとすれば、「不自由していないから」と抗われ……。

「読者の親は、物がない時代に幼少期を過ごした世代。捨てることに抵抗があるため、物がたまりやすいのです」と指摘するのは、多くの実家の片づけにかかわってきた渡部亜矢さん。
「体力が落ちて片づけがおっくうになっていることもありますし、老いを自覚しているからこそ、子供からの『片づけて』という“指示”に抵抗するのかもしれません。子供の手を煩わせたくないという気遣いもあるでしょう」

 そんな親を説得するのは至難の業。親が安心・安全に生活できているなら、現状のままでいい気がしてくるけれど、「それでも、今すぐ実家の片づけにとりかかるべき」と、渡部さん。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング