アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?
アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと_1_1
ちょっとしたことでも「ラッキー」と思えたら、なんてこともない日常も楽しくなりそう。
「愛犬が、とある雑誌に掲載されることに」(FO・54歳)
「コンサートのチケットが当たった」(TI・49歳)
「京都のお寺に行ったとき、『いまだけ秘仏を拝観できますよ』と。なんと、その仏像は平安時代以降、ずっと非公開だったとか!」(ET・53歳)
「初めて行ったB’zの30周年ライブで感動していたら、サプライズゲストで木村拓哉さんが登場!」(HH・51歳)
「ブラシ付きドライヤーを買い足そうと思っていたら、『ブラシ付きドライヤーが当選しました』とのお知らせが。懸賞に応募していたことをすっかり忘れていたので、驚くやら嬉しいやら」(MK・52歳)
……みなさん、全然「ちょっとしたこと」じゃあなくて、大ラッキーに恵まれているではありませんか。
アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと_1_2
不思議なことに、旅関連でラッキーに恵まれる人が少なくない。
「ネットで予約を取ったホテルは、必ずといっていいほどアップグレートしてもらえる」(AK・52歳)
「キャンセル待ちの飛行機に乗れた」(TI・49歳)などなど。

極めつけはこちら、「ミラノからの搭乗便の会社がまさかのストライキで、別会社に交渉するものの満席。しかし待つこと2時間、空きが出て、座席はグレードダウンしたものの成田着から羽田着になり、差額も羽田で即、返金。それも、えっ、こんなに? という額だった」(KS・54歳)。
また、こんなエピソードも。「留学する子どもを成田へ見送りに行ったとき、サッカーの日本代表選手たちと同じ飛行機で、彼らが保安検査へと進んでいく姿を間近で見られた。カッコよかった……」
なんという眼福。空港には幸運がたくさん落ちている、ってこと?
アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと_1_3
「思いがけず」なほど、感じる幸せは大きいもの。ただ、寄せられた回答を読んでいくと、幸運に恵まれるべく動いていたからこそだなあ、という話も少なくない。
「大ファンの方から直接サインを頂けた。期待していなかっただけに幸運としか言えません」というYNさん(54歳)も、いわゆる「出待ち」をしていたのだそう。出待ちしたからといって必ずしもサインを貰えるわけではないけれど、その場にいなければ貰えるはずはない。
「1年ほど前から、すてきな方々にお会いすることが多く人脈が広がった」というCIさん(48歳)も、日頃から「イベントやセミナーに参加している」とのこと。

また、心がけもやっぱり功を奏するらしい。
「幸運を感じたら必ず感謝。他人のラッキーもよろこび、応援できるよう心がけている」(JK・47歳)
「私はとても運がよく、自分でも驚くほど。ふだんから、周囲にはできるかぎり親切にして、みんなが幸せになることを願っているから、神様がごほうびをくださっているのかも。な〜んて!!!」(AU・47歳)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング