アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?
アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間_1_1
Jマダムたちは、どんな瞬間に「持ってる」と感じるのか。

「ほしいと思っているものを、よく知人からプレゼントしていただくことがある」(AU・47歳)
「旅の行く先を決めた後、必ずと行っていいほど、テレビの旅番組でその土地の特集が組まれる」(AK・52歳)

……ふむふむ、運が向いている感じ。さらに、「念ずれば通ず」ってこともあるようで、

「連絡しないといけないなと思っていた知り合いに、その日偶然、街で会ってびっくり、ということがよくある」(KS・54歳)
「退職した上司の後任の方について、面識がないにもかかわらず私が勝手に『あの方だったらいいな』と想像していた方が、本当に着任することに」(HH・51歳)
「憧れている建築家の建築作品を見に行き、いつかお逢いしたいと思っていたら、偶然眼の前に……。さらにその後、仕事でもお目にかかることに」(NT・49歳)。

みなさん、持ってますねー。
アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間_1_2
また、こんなエピソードも。

「常日頃、東京で暮らしたいと思っていたら、子どもたち2人が東京の大学に進学。おかげで、理由をつけては東京に遊びに行けるように」(KT・54歳)
「子どもの受験の際、『ここ!』と直感した学校があり、どうしても入学させたいと3年間、強く思っていた。我が子の実力は合格ラインからは程遠かったけれど、なぜか私は『絶対に大丈夫、行ける!』。そう思い続けたら、子ども2人ともその学校に無事合格」(AU・50歳)

持ってる人のパワー、子をも動かす。恐れ入りました。
アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間_1_3
ちなみに、「念ずれば通ず」は、脳科学的にも説明がつくという説も。なんでも、強く念ずることで無意識に体が動き、その当然の結果として、夢が叶ったり目標を達成できたりするようなのだ。

「2年ほど前からふと、『人生、抗うことをやめて訪れたご縁を楽しんでみよう』と思い人生を歩くようになってから、『和服美人100人』および『着物美人』に選ばれ、デジタル出版ではありますが着物姿が海外に配信された」(HI・50歳)

「3年ほど前、1年の目標として『英会話をもっと勉強する!』と書いた紙を鏡の前に置いて毎日確認するようにしたら、2ヶ月後、たまたま訪れた場所に英会話教室の貼り紙が。直ぐに連絡をしたら、あと1人で定員というところでギリギリ入ることができ、今も続けている。そこで外国の方とも知り合えて友人も増えた」(IT・52歳)

本人としては無意識だから「たまたま」と感じるのかもしれないが、「持ってる人」はやっぱり、それなりの努力や準備をしているのね。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフォーから始めて、よかったこと②

    前回のボディメンテ編に続いて、今回はスキル&キャリアアップ編。あのとき始めておいてよかった、あるいは10年前だからこそ始められた勉強や習いごと、転職などなど。そんな勇気や努力が実を結び始めているJマダムの、なんと多いこと!

    Jマダム通信

    2019年2月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフォーから始めて、よかったこと①

    「やせにくくなった」「疲れやすくなった」などなど、(言いたくはないけれど)このところ、”寄る年波”の圧が強くなったような。だからこそ、「アラフォーから始めておいてよかった」と感じることも少なくないのでは? 隣のJマダムはあの時期、何にトライし始めていたのだろう。今回ご紹介するのは、ボティメンテ編。その効果のほどは……?

    Jマダム通信

    2019年2月15日

  • アラフィー女性のホンネ:ハッピーになるために、密かにしていること②

    今年1年も、なるべくなら災難にあいたくない、できるならたくさんの幸せに恵まれたいと誰もが願うもの。そのために、みんなは何をしているのだろう?

    Jマダム通信

    2019年1月26日

FEATURE
ランキング