器にもグッとくる、北上のロシア料理店。

器にもグッとくる、北上のロシア料理店。_1_1-1

1/3

器にもグッとくる、北上のロシア料理店。_1_1-2

2/3

器にもグッとくる、北上のロシア料理店。_1_1-3

3/3




何と素敵なコーヒーカップ。「トロ」「イカ」と区切って寿司ネタのごとく読みたくなる筆致ですが、あくまで一語です。
この独特な器に惹かれて出かけたのは、北上市の『トロイカ』。ロシア料理のお店で、こっくり濃厚なベークド・チーズケーキも大変人気だとか。

すべてのメニューを頼んだわけではありませんが、ひたすら灰釉に鉄絵もしくは染付で「トロイカ」「ТPOИКА」と書かれたオリジナルの器が続きます。何といっても秀逸なのは、大胆なカタカナ文字。実はボルシチのボウルの内側にも書かれており、食べ進むうちに見えてきて大興奮✨

しかし、洋の器にこの感じ、今ドキの発想ではないでしょう。いい具合に民芸入ってますなあと感心しましたら、少なくとも初期のものは益子で焼いてもらったのだとか。そう聞いて、すごく腑に落ちるところがありました。

お料理の方は、ボルシチがトマトベースだったりと日本人好みの食べやすい味付けになっており、洋食屋さん的な懐かしいお店の雰囲気に心も和みます。

喫茶店のコーヒー&カレーライスに続き、ロシア料理も民芸のスピリットと相性がよいようです。実直で飾らない器は、お店のクオリティまで象徴していました。
(編集B)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング