まるで“アメリカのドラマ”のよう!味わいもチャーミングなスパークリングワイン【飲むんだったら、イケてるワイン】

鮮やかな水色をしたキュートなルックスが特徴の「コナンドラム ブラン・ド・ブラン2017」。辛口なのに、どこかスイートな果実のニュアンスを感じられる味わいと、心地よいフローラルな香りとフレッシュな酸味は、ちょっと暑い日の午後にぴったり! まるでアメリカのドラマに出てくるような素敵なパーティーシーンを彩ってくれる一本をご紹介。

子供のころに見たアメリカのドラマみたい。味わいもチャーミングなスパークリング

WAGNER FAMILY OF WINE(ワグナー・ファミリー・オブ・ワイン)

コナンドラム ブラン・ド・ブラン 2017

ワイン
キュートなルックスにひと目惚れ。カリフォルニアのスパークリングワインと聞いて、子供のころに見たアメリカンホームドラマのヒロインを思い出した。“お鼻ピクピク”の魔法でケーキを出現させて、素敵なパーティシーンのできあがり。鮮やかな水色は彼女が着ていたドレスを思わせ、どこかノスタルジックな空気感をまとっている。

「コナンドラム ブラン・ド・ブラン2017」の造り手は、家族経営ワイナリーとして成功を収めた「ワグナー・ファミリー・オブ・ワイン」のチャック・ワグナー氏。両親は果樹園を経営していたが、趣味で造っていたワインが人気となり、全財産を投じてワイナリーに転身した。ワグナー氏は少年時代から懸命に両親を支え、跡を継いでからは会社を大きく発展させた、まさに“アメリカンドリーム”を地でいく人物。

すばらしいのはその味わいで、辛口なのに果実のニュアンスがどこかスイート。キレがよく、甘さが残らないのも潔い。フローラルな香りとフレッシュな酸味も心地よく、ちょっと暑い日の午後に開けたくなる。

ガーリー気分を刺激するワインには、カップケーキなどのお菓子を合わせてみたい。それも、とびきりかわいいものを選んで“大人女子会”で盛り上がりたい。いつもはどこかに隠れている“自分の中の女の子”も一緒に。
コナンドラム ブラン・ド・ブラン 2017
ヴィオニエやシュナン・ブラン、ピノ・グリなどのアロマティックな白ブドウ品種を使用。レモンジャムのニュアンス。「コナンドラム」とは”謎”や”パズル”の意でブレンド比率は非公開。魚介類との相性は抜群。夏は冷しゃぶにも。750㎖ ¥3,500/エノテカ
教えてくれたのは……
あんざい きみこ●ライフスタイル誌やワイン専門誌で料理やワイン、旅などの記事を手がける。国内外のワイナリーや醸造家取材も多数。著書に『葡萄酒物語』(小学館)。シャンパーニュ騎士団シュヴァリエ。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング