マンネリ化を解消し、今どき感をプラス!エクラ華組の「ワントーン」コーデ 五選

色味を合わせるだけでしゃれ見えをかなえてくれる「ワントーン」は、大人のおしゃれに欠かせないコーディネート術。そんな「ワントーンコーデ」にエクラ華組も挑戦!
マンネリ化を解消し、今どき感をプラス!エクラ華組の「ワントーン」コーデ 五選_1_1-1

1/5

マンネリ化を解消し、今どき感をプラス!エクラ華組の「ワントーン」コーデ 五選_1_1-2

2/5

マンネリ化を解消し、今どき感をプラス!エクラ華組の「ワントーン」コーデ 五選_1_1-3

3/5

マンネリ化を解消し、今どき感をプラス!エクラ華組の「ワントーン」コーデ 五選_1_1-4

4/5

マンネリ化を解消し、今どき感をプラス!エクラ華組の「ワントーン」コーデ 五選_1_1-5

5/5

1.シャネルのバレエシューズで
シンプルなワントーンコーデ(朝生育代さん)

シャネルのバレエシューズを履きたくて、シンプルなワントーンコーデに。トップスは、ドゥロワーのコットンシルクに少しカシミアもブレンドされているベージュのニット。同系色のスカートと合わせても◎。パンツはドゥロワーのフラノ生地のものをあわせました。温かみのある秋冬の定番・フラノ生地で寒さもカバー。ニットもこれからの季節にぴったりです。


2.ZARAの透けるトップスに合わせた
秋のグレージュコーデ(有村一美さん)

グレーとベージュのいいところをとった色「グレージュ」は、大人女性向き。トップスは、腕の部分が透けているZARAのVネックブラウス。ジャージー素材のタンクトップの上にシフォンのような柔らか素材が重なっていて、一枚でもニュアンスがあります。そこにクールベージュのワイドパンツと、同色の小物を合わせて。これだけだとぼやけた印象になるので、パイソン柄のバングルと、グレージュと相性のいい白のブルゾンを肩がけしました。

3.素材のミックスでワントーンコーデにも変化を
定番ブラックで着回しコーデ(沢辺史さん)

「ワントーンコーデって難しくて挑戦しにくい」。そう思ってるかたには、異なる素材を組み合わせたブラックのワントーンコーデがおススメ!Mila Owenのブラウスは、ふんわりパフスリーブで大きなリボン付き。総レースで、女性らしく優しい印象を与えます。ボトムはsaquiの漆黒テーパードリボンパンツ。とろみがあり上質できれいめなのにウエストがゴムなので楽チン。パンプスは銀座かねまつMISSSLENDERシリーズ。足幅が狭く甲が薄い人におすすめ。足元が華やかで少し強いイメージのあるエナメル素材なのでPLSTのエコファーバッグで柔らかさを意識しました。

4.旅行のときに便利なワントーンコーデ
(近藤和子さん)

旅行の時は持って行ける洋服は限られているので、ワントーンコーデはとても便利。黒のオールインワン、ヒールサンダルにエルメスのストールで明るさを加えました。プチバトーのTシャツにGUのプリーツスカート。プチプラなのでエルメスのバングルやザネラートのバッグ、キラキラが付いているカールラガーフェルドのミュールを合わせてバランスを。

5.秋冬ファッションをさらに楽しむ
ZARAのワントーンコーデ(大垣佳世さん)

ミルクティーカラーの薄手のニットは、夏以外の3シーズン着られるヘビロテアイテム。シャンパンベージュのスカートはゆらっと感が素敵。ファーバッグはシンプルながら子供っぽ過ぎないものを。ショルダーの長さが丁度良く、カラーも合わせやすいのがgood。ニット、スカート、バッグはすべてZARA!
足元だけ、少し色を外し、カーキのGIANVITO ROSSIで引き締め。濃いめのカーキを取り入れることで、メンズライクな色の広がりに。

  • 3つの技でさらに美しく! マンネリ脱却「新ワントーン」コーデ&アイテム27

    アラフィー定番のコーディネート術「ワントーン」。年間を通し大人気ながら、マンネリ化して見えるという悩みも。そんなモヤモヤを解決し、もっと素敵に今どき感もアップする着こなしへと更新する方法をリサーチ。「ブラウンベース」「異素材コーデ」「柄投入」の3つの方法で、さらに美しく洗練されたムードを演出!

What's New新着記事

FEATURE
ランキング