ちょっと気になる道路標識。

ちょっと気になる道路標識。_1_1-1

1/8

ちょっと気になる道路標識。_1_1-2

2/8

ちょっと気になる道路標識。_1_1-3

3/8

ちょっと気になる道路標識。_1_1-4

4/8

ちょっと気になる道路標識。_1_1-5

5/8

ちょっと気になる道路標識。_1_1-6

6/8

ちょっと気になる道路標識。_1_1-7

7/8

ちょっと気になる道路標識。_1_1-8

8/8









世界はあまりに多くの謎に満ちているので、運転手なしではおちおち車に乗れません。

例えば「動物注意」の道路標識。んっ、鹿の角の向きが逆? 尻尾の反りも反対? これってどこの管轄? 国土交通省? そんな一瞬の当惑のうちにも車は進んでしまいます。危ない。

しかしさすが奈良は鹿の本場。実物はもとより、奈良交通をはじめとするお手本が無数にあるからか、逆さ角は修正傾向にある模様(写真5枚目)。さて路面標示はとなると…、ひし形標識ベースのものは古様を踏襲しており、やはり一筋縄ではいきません。写真7枚目、中央分離帯の「!」と一緒の鹿看板は、あたかもこのことを告発しているよう。

そもそもこの逆さ角の描写、何か意図があるのか、それともただのミスでいたしかたないのか。鹿に問うても当然シカト。確かめようもありません。
(編集B)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング